アンダーアーマーのスポーツマスクが40%OFF!商品ページはこちらから

【日本未発表!海外発表情報まとめ!】BMW R18の価格・モード切替・バックギア

BMW R18の発表は嬉しいが、日本への発表された情報は一部だ。このページでは非公式だが海外で発表されているドルでの価格や、3種類あるモード切り替え、さらにまさかのバックギアについて日本語で紹介している。さらに海外サイトではオプションのシュミレーションも可能だ。設定されているオプションパッケージも日本語で紹介する。

さらに海外のYoutubeチャンネルで、実際にまたがったり、操作したりする動画もアップされている。

まだ日本向けの情報が限られすぎて、世界との情報格差がついているのでまとめてみようと思った。


ライディングモードは「RAIN」「ROLL」「ROCK」の三種類!

HANDS ON: BMW R18 Cruiser START-UP and Walkaround
by Long Way Home

ライディングモードは三種類。

だが、「RAIN」以外の二つは日本では馴染みがない名前だ。だいたい、モードは数字であったり、「ロード」や「スポーツ」という名前が多い。

なのでちょっと英語のお勉強。

「ROLL」モード

「ROLL」の意味は「転がる」という意味が代表的だが、他にも意味はあるのが英単語。

「 ROLL」には「(車が)滑らかに進む」と言う意味もある。

つまり、「通常モード」であると考えられる。

次は「ROCK」モード。

手強い。

いちばん有名な意味は「岩」。これを思い浮かべる人は多いと思うが「岩」って、、、まずないだろう。

岩の他にも動詞で「揺り動かす」と言う意味もある。

そこから派生して「心を揺り動かす」つまり、感動とか、興奮させると言う意味になる。

ロックンロールのロールはこの「興奮」の方の意味だ。

つまり、「興奮させる」意味から、一番高出力モード、よく言う「スポーツモード」のことであろう。

なかなかおしゃれなネーミングである。


バックギア!

オプション装備となるが「バックギア」がついている。

350kgの巨体をバックさせるのはとても大変なので、これがあるだけで小柄な人でも乗るハードルが下がるであろう。

でも動画を見る限りでは、少しバックのスピードが速いかもしれない。

K1600シリーズと同様に電動式と見られる。シート下あたりにあるレバーを「R」に合わせて、セルボタンを押せばバックするシステムだ。


価格

ノーマルで18,190ドル

First Editionで20,565ドル

First Edition+「プレミアムパッケージ」で22,015ドル

海外価格だが、BMWにすると、想像よりかなりお手頃価格だ。

ドルに×今の為替レートをかけてみてほしい。しかし、実際には手数料であったり、関税とか輸送費であったりとコストがさらに乗っかって、日本のディーラーでは販売価格が300万くらいにはなると思う。


プレミアムパッケージとは

プラス1,450ドルで、

・ヒルスタートコントロール(坂道発進アシスト)

・ヘッドライトプロ(より視認性が向上するらしい)

・リバースアシスト(バックギア)

・アダプティブヘッドライト(コーナリングライト)

こんな装備がセットになる。お得なオプションパッケージだ。R18買うなら絶対つけたほうがいいオプションたちである。

日本価格発表、発売日決定が楽しみである。

みなさんの参考になれば幸いである。

↓日本の価格は高すぎでしょ!な次の記事

【打倒ハーレーならず価格!】BMW R18は乗り出し270万円から!【ファースト・エディションはオプション全部のせ!】

↓このデカさで日本市場にマッチするのか?な記事

【BMW R18】市販車の動画と画像公開!いや、これじゃない3つの理由【デカ過ぎでしょ!】編も読む!

↓おすすめ関連記事

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*