バイクで寒っ!って感じたらおすすめ冬バイクアイテム紹介はこちら

【外観編】日産 フェアレディZ Z34試乗記①【色褪せないデザイン】

日産が誇るスポーツカー「フェアレディZ」のZ34モデルに試乗しました。まずそのデザインには目を奪われます。伝統を引き継ぎつつも新しい流線型のデザイン。2022年に新型の7台目フェアレディZが発売となりますが、この型も古くならないかっこいいデザインと言えるでしょう。今回はその流れるフォルムをじっくりと見ていきましょう。

フロント(グリル、ライト、カウル)

フェアレディZのフロントグリルは長方形と決まっているそうです。その形が古臭さではなく伝統感を演出していて素敵です。

特徴的な形のヘッドライトをしています。中の電球がメカメカしくてかっこいいです。ビームが出そう。

バンバー部分にある縦長のフォグランプはLEDでこのモデルの後期モデルのみに搭載されています。

ヘッドライトを見ていきましょう。調べてみるとライトはLEDではなくHIDのようです。

フロントフェンダーはホイールを囲うように張り出していて、とても流線型で立体的な形状をしています。

サイドビュー

横から見てもフェアレディZを一目で分かるデザイン。見ていて惚れ惚れします。

サイドについている「Z」マークはウインカーになっており、このZが点滅します。

運転席側に給油口があります。

給油口

給油口は鍵穴がなく、運転席での操作が必要ないプッシュオープンタイプです。

押すと開きます。ハイオクを給油しましょう。

ホイールを観察

スポーツカーといえばホイールのカッコ良さも重要です。

フェアレディZは純正でこのホイール!造形が複雑でかっこよすぎます。

ブレーキディスクとキャリパーはあまり存在感がなく普通なのが残念です。

かなり立体感のある造形となっています。

純正のままで十分でしょう。

リヤ周り

リヤはボリューム感のあるデザインとなっております。

斜めうしろからの眺めも格別です。

フロントと同様にリヤフェンダーの張り出しがグラマラスな印象を与えます。

リヤガラスは寝ていて後方視界は良くないですね。

フロントに比べてテールランプはおとなしい印象です。

そして大迫力の迫力の二本出しマフラーがたまりません。

マフラー径も大きいです。

そして真ん中にあるリヤフォグもF1やレースカーを思わせるデザインとなりより一層スポーツカー感を演出します。

次の記事

【内装編】日産 フェアレディZ Z34試乗記②【浅いトランクと少し古いデザイン感】

【走行レビュー編】日産 フェアレディZ Z34試乗記③【凶暴な加速とハンドルの重さにビビる】

おすすめ関連記事

【外観編】マツダ MAZDA3 ファストバック 15S Touring試乗レビュー①【15Sと15Sツーリングの外観上の違いとは?】

【外観編】マツダ ロードスター ND ソフトトップ試乗レビュー①

【ほぼバイクな乗車感!】ホンダ S660 3時間試乗レビュー①【外観編】

スズキ ジムニー(660cc) 外観レビュー!【4時間試乗インプレ①】

【トヨタ86試乗レビュー①】後期型 Gグレード!ペーパードライバーでも乗りやすいスポーツカー!外観をじっくり見る編!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*