【外装編】ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX ペーパードライバーによる試乗記①【かっこいいデザインと広いトランク容量】

ペーパードライバーによる試乗記第8弾!ホンダ 新型シビック(HONDA CIVIC) 11代目に試乗しました。グレードは「LX」のAT(CVT)モデルです。

セダンながらスポーツ感溢れるデザインは先代のガンダムみたいなカクカクデザインからより洗練されたものになったと言えます。今回はそんなシビックのかっこいいデザインをじっくり見ていきましょう。

動画編も見てね!

ペーパードライバーによるホンダ 新型シビック(HONDA CIVIC) LX 3時間試乗レビュー!後編【外装内装レビュー編】

フロント周り

フロントグリルやヘッドライトの縦幅が薄いデザインですね。

スポーツカーのようなイメージです。

やはりフロントグリルの六角形に心奪われる人も多いのではないでしょうか。

フォグランプはLXモデルはオプション装備で、上位グレードのEXは標準装備です。

フロントガラス上部にはカメラやセンサーが付いています。

「Honda SENSING」標準装備です。

サイドビュー

ハッチバックタイプなので後ろがなだらかに落ちていくデザインです。

ホイール

ホイールデザインはグレードによって異なります。

こちらLXグレードはブラックホイールにシルバーの切削面(ベルリナブラック+切削クリア)の2色ですが、上位EXではこのシルバー部分がブラック(ベルリナブラック+ダーク切削クリア)になります。

ドアミラー

ウインカーがドアミラーに内蔵されているタイプです。

ミラーの外側上部の「車マーク」は、壁や車が接近してくるとオレンジ色に光ります。

給油口

給油口は助手席側にあります。

ブッシュオープン型で簡単に開けられます。

ハイオクガソリンを給油してください。

リヤビュー

ハッチバックタイプながらなだらかに降りてくる曲線が美しいです。

エッジの効いたシルバーのラインがかっこいい。

膨らみのある真後ろから見た眺めは、歴代シビックの面影を残しています。

マフラーが平べったい感じが今時のスポーツモデル感を演出していますね。

トランク

ナンバーの上あたりのボタンを押すとロックが外れ、トランクを引き上げることができます。

かなり高く上がるので、駐車場の高さには注意が必要です。

トランクも深さがあって452リットルの容量が入ります。

何か引き出せそうな取手がありますね。

引き出すと「カーゴエリアカバー」が出てきて、反対側のフックにかければ固定されます。

これで荷物が室内に飛んでくることはありません。

次回は室内空間を見ていきましょう。

シビック関連記事

【内装編】ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX ペーパードライバーによる試乗記②【インパネやエアコン吹出口が質感高い】

【試乗レビュー編】ホンダ 新型シビック(CIVIC) LX ペーパードライバーによる試乗記③【意外と穏やかな加速感!】

【現車確認!】ホンダ 新型「シビック タイプR」2022 外観・内装レビュー!スペックも公開!【ノーマルCIVICとの比較も】

おすすめ関連記事

【外装編】ホンダ 新型ヴェゼル(VEZEL) G(ガソリン車) ペーパードライバーによる試乗記①【おしゃれ!クーペスタイルSUV】

【外装編】スバル レヴォーグ GT EX ペーパードライバーによる試乗記①【ドアミラーに仕掛けが!】

【外観編】日産 フェアレディZ Z34試乗記①【色褪せないデザイン】

【外観編】マツダ MAZDA3 ファストバック 15S Touring試乗レビュー①【15Sと15Sツーリングの外観上の違いとは?】

【外観編】マツダ ロードスター ND ソフトトップ試乗レビュー①

【ほぼバイクな乗車感!】ホンダ S660 3時間試乗レビュー①【外観編】

スズキ ジムニー(660cc) 外観レビュー!【4時間試乗インプレ①】

【トヨタ86試乗レビュー①】後期型 Gグレード!ペーパードライバーでも乗りやすいスポーツカー!外観をじっくり見る編!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*