暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【現車確認!】「CBR400R」はCBRファミリーの中で一番乗りやすそう!ポジション楽!【2020年モデル】

ホンダ「CBR400R」2020年モデルに跨ってきました。スーパースポーツ系の外観ながら並列2気筒、緩やかな前傾、スリッパークラッチ搭載でCBRファミリーの中で一番の乗りやすさを誇ります。CBRの中で一番安い価格のモデルですが侮れません。詳細写真とともにそのスペックを見ていきましょう。

スーパースポーツ直系のデザイン!

価格は808,500円と現行CBRファミリーの中では一番安価なモデルですが、そのデザイン、顔つきは廃盤となったCBR1000RRと似ていて、スーパースポーツ直系モデルを思わせるデザインです。

さらにヘッドライト、テールランプ、前後ウインカーはLED化されてより先進的になりました。

足つき

リアビューも抜かりないデザインです。

シート高は785mm。スーパースポーツバイクにしては低い方です。とてもユーザーフレンドリー。

身長168cmの私だと、足の前半分がつく感じ。かかとが少し浮きます。

シート幅が絞り込まれているので足つき性は良いです。

ポジション

HONDA CBR400R 試乗インプレッション!【協力店:ホンダドリーム茅ケ崎】
by Motorcycle Fantasy

ポジションはやや前傾といった感じです。

現行のCBRファミリーの中では一番ポジションが楽でした。

乗りやすいバイクというポジションですが、クルーザー系のように上体が立ったポジションにはなりません。普通の前傾です。

マウンテンバイクとかちょっとしたスポーツ自転車のような前傾姿勢でした。

399ccエンジン性能

スーパースポーツといえば4気筒エンジンを思い浮かべる人も多いかと思いますがCBR400Rは並列2気筒エンジン。排気量は399ccです。

カウルでエンジンの前半分くらい隠れてしまっています。整備性は良さそうですね。

エンジン性能

燃費はWMTCモード値で28.3km/Lなのでいい感じです。

最大トルクは38N.mを7,500回転で発生。

最大馬力は46馬力を9,000回転で発生する。

何より2気筒400ccクラスは低回転域からの低速トルクが十分なので、教習車のスーフォアよりも乗りやすいはずです。

コックピットまわり

メーターはデジタル液晶メーターを搭載し、先進的なイメージ。

フロントフォークのトップキャップがブルーアルマイト処理してあり高級感があります。フロントフォークは「プリロード調整機構」を搭載していて、この価格帯のバイクでは贅沢装備といえます。

スリッパークラッチ!

スイッチ類は近年の標準的なホンダの配置。

ホーンボタンの存在感がありすぎて不評なこの配置は、変更されずに未だ変わらずです。

「スリッパークラッチ」が搭載されたのでクラッチがとにかく軽かったのが印象的でした。

CBRファミリーの中で一番軽く感じました。自転車のブレーキみたいな軽さです。

マフラーはこんな感じ

ノーマルマフラーは、いかにもエントリーバイク感が出てしまっています。

特に特徴のないデザインです。

フロントブレーキ

とても標準的なフロントブレーキです。

シングルディスクでニッシン製の片押しの2ポッドキャリパー。

しかし、ディスクローターがウェーブで大型なのが特徴的です。

もちろん前後ABS搭載で安心感があります。

車重は192kgなのですがこのブレーキ性能で十分のようです。

全てがマイルドなスーパースポーツバイク!

ポジション、足つき、クラッチ、エンジン特性、ブレーキ、これらが全て「とがっていない」のがこのCBR400Rの良さです。

スーパースポーツバイクといえばバイクの極限を攻めたバイクが多い中、全てがマイルド。

ブレーキは効きすぎず、前傾姿勢もきつくない。さらに排気量が399ccで低速トルクが十分なので250ccよりもツーリングが楽。

スーパースポーツといえば1000ccクラスが欲しくなりますが、初心者でも、行くとこまで行った人でも楽しめるのがCBR400Rでしょうか。

CBR250RRが何かともてはやされている昨今ですが、こちらの方が価格は安いのには驚きです。

スーパースポーツの形が好きでも、手軽さのあるバイクをお探しの方におすすめできるバイクでした。

みなさんの参考になれば幸いです。

↓おすすめ関連記事

【現車確認!】CBR250RRは細部までスパルタンなスペックだった!【2020年モデル】

【現車確認!】CBR600RRのウイングレットが鋭すぎてかっこいい!レースに特化したポジションきつい!マフラー中央出し!【2020年モデル】

【現車確認!】CBR650Rは親しみやすい4気筒スーパースポーツバイクだった!【2020年モデル】

【現車確認!】CBR1000RR-R SPにまたがってきた!シート高と足つき!スペック!を詳細写真で【2020年モデル】

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*