暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【おしゃれと激軽の両立!】Zoff SMART Skinnyは評判通り軽すぎて着け心地ゼロで笑った話【ズレ知らずなのでスポーツもいける!】

「Zoff SMART Skinny」は流行のウエリントンタイプのメガネです。フレームは細く、知性的なデザインですが、SMARTシリーズの「軽くて壊れにくい」素材をそのまま使用したコストパフォーマンスが最高なモデル。このデザインなら2,3万円で売っていてもおかしくないですが、標準レンズ込みフレーム価格はなんと11,000円です。

以前バイク用最高のメガネとして紹介した「Zoff SMART Sporty」。SMARTシリーズの「しなやかさ」と「軽さ」に惚れ込み、今回普段使い用の「Zoff SMART Skinny」を購入しました。今回はこの「Zoff SMART Skinny」の魅力を紹介します。

ネットでメガネを注文するには?

ネットでメガネを注文する場合は「以前にお店でメガネを作った時の情報」か、「眼科での処方箋」が必要です。

上が注文時に入力が必要な画面。

「度数」も必要ですが、他にも「PD(瞳孔距離)」や「SPH(球面)」のような情報が最低限必要です。

この必要項目に入る情報があるか確認しましょう。

早速注文!開封!

Zoffのダンボールの水色は結構好き。おしゃれ。

眼鏡ケースはプチプチに入って保護されています。

眼鏡ケースはブルー。開けるとちゃんと眼鏡拭きが入っています。

レンズはブルーライトカット50%カットを選択

Zoffはレンズの選択肢も豊富。

主に会社で使うことを想定すると、「ブルーライトカット」という選択になる。今回はPCの画面を見続けることもあり、さらに奮発して「薄型非球面レンズ」を選択しました。

非球面レンズにも厚みが3種類あります。今回は中間の「1.67」にしました。

オプション価格プラス7千円です。

他にも「Zoff SMART Sporty」の時のように、「くもりどめコート」レンズも選択できます。マスクをしてもくもりにくいので検討しましたが、「非球面レンズ」との両立はできず、どちらかを選択しなければならなかったので今回は見送りました。

ブルーライトカットレンズの見え方

今回50%カットのものを選択しました。

正直な感想はほんのり黄色く世界が見えます。

PCのような青白い画面を長時間見る方は、ブルーライトカットレンズをおすすめしますが、画面の色が黄色がかって見えるので、写真や映像の色味を調整するような仕事には向きません。

クリエイティブ系の職業の方はブルーライトカット無しレンズを選択しましょう。

メガネデザイン

伝統的なウエリントン型。フレームは細めですが、よりスマートなイメージを与えます。

材質はプラスチックがメイン。チタン製などの金属製と比べると高級感はありませんが、塗装はツヤ感のある仕上げとなっています。

デザインが正統派ウエリントンでかっこいいので、至近距離から見なければ、全く安っぽく見えません。

鼻パッドが秀逸

何と言ってもこの「鼻パッド」が「シリコン製」なので、滑りにくいのが秀逸。

普通のメガネはここが「プラスチック製」なので、鼻の脂とメガネの重さですぐズレ落ちてしまう。ズレては戻しの繰り返しだったので、このイライラが解消されるのはとても助かりました。

テンプル(つる)がしっかり頭をホールド

左右に伸びるテンプル(つる)のが湾曲しているのが特徴。この樹脂製のテンプルが適度のしなって頭にフィットします。

フレームのみ(レンズ無し)の重量は7.5g。1日中つけても疲れることがありません。

頭にフィットするのでスポーツもできるオールラウンド選手!

頭を振ってもメガネがズレないので、部活で体を動かすことが多い学生の方にも強烈におすすめできます。

それでいてデザインが人気のウエリントンタイプ。

ウエリントンタイプのメガネはフレームに厚みがあって存在感が大きいモデルが多くありますが、これは珍しい細身のフレームデザインです。

これをかければ、誰でも知性的なキャラを演出できるでしょう。

とりあえずの一本として買って間違いのないメガネです。

参考にしていただければ幸いです。

↓こちらから商品詳細(ブラック)がチェックできます!


↓おすすめ関連記事

【バイク用メガネじゃん!】Zoff SMART Sportyはヘルメット適合型のメガネだった!インプレも!

【購入!】レイバン サングラス ウェイファーラー Ray-Ban 【RB4195F 601S9A】偏光サングラス ①きっかけ編も読む!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*