もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

【BMW R18 Classic】 R18にツーリング仕様の派生型登場!マフラー変更!ウインドスクリーン、サドルバッグ、補助ライト装備!

「BMW R18」はまだ日本では発売されていないが、早くもウインドスクリーンとサドルバッグを装備した派生型「BMW R18 Classic」が発表された。ハーレーで言うところの「ソフテイル ヘリテイジクラシック」か「ロードキング」と言ったところ。さらに補助ライトがついている。エンジンガードがないのが残念なところだ。

ノーマルのR18との違い

こちらがノーマルのBMW R18。

BMW R18 「Classic」となっても基本性能は変わらないが、ツーリング快適装備が加わる。

ウインドスクリーン

ツーリング快適装備の基本と言えばウインドスクリーン。大型のものがつく。

サドルバッグ

ハーレーのオプションによくありそうなタイプ。素材の発表はなさそうだが外観写真からは本革っぽい素材に見える。ベルトもついたクラシカル感あふれるバッグだ。

補助ライト

フォグライトともいうかもしれない。3灯になる。フルLEDなので明るいはずだ。

パッセンジャーシート

ノーマルはシングルシートの一人乗り仕様だったが、こちらのClassicはパッセンジャーシートが標準装備。二人乗りができる。

後部のフットペグがないのが気になるところだ。二人乗りした時にむき出しシャフトドライブをどう防御するのか気になる。

うっかり足を巻き込んだら大変なことになりそう。

実はマフラーが変わっている!

ノーマルのR18のマフラーはふくよかな曲線を描いているのだが、こちらはストレートタイプ。バッグに干渉するからかもしれない。

カラーリング

BMW R18 Classic Base Model

こちらはノーマル。

BMW R18 Classic First Edition

こちらはFirst Edition。ノーマルのR18とカラーリングパターンは同じ。

ファーストエディションはメッキパーツでなおかつ白いラインが入った高級感あふれるモデルだ。

Classic特有のパーツにカラーリング特徴はない。

海外価格は?

Base Modelが19,495ドル

First Editionが21,870ドル

標準R18よりも2,000ドルプラスの価格。日本円で約21万円高くなる。

日本国内販売価格はプラス30万以上になるか。

日本のディーラーは高いから。

日本発売は未定

BMWモトラッドの日本ページに掲載されているので発売はされるだろうが、発売日は未定。

海外ではどんどんと納車されているノーマルのR18も、日本国内ではまだデリバリーされていないので、来年の春ぐらいになるかもしれない。

次はストリートグライドのようなカウル付きが出るか

実はこのツーリング仕様、昨年には海外のスパイカメラでキャッチされていた。

R18正式発表の際に、派生タイプとして発表されるだろうと思われていたのだが、2020年4月正式発表の時点で出てこなかったことに驚いたものだ。

これが出てきた。

ということは、同時にキャッチされていたハーレーで言うところのストリートグライドのようなカウルやオーディオがついたモデルが今後出てくる可能性が高い。

期待に胸が膨らむ。

みなさんの参考になれば幸いである。


愛車を冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

正直気が動転していてすぐ売れるバイク王に飛び込んだが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔している。

そんな方におすすめなのが、大手バイクメディアサイト「バイクブロス」が運営する「買取金額比較サイト」。

「過去の買取実績価格」が表示されていて、さらに愛車+基本情報入力のみで最大8社の買取金額を一度に比較できます!
もちろん無料なのでとりあえず査定のみしてみる価値ありです。

»バイクブロス愛車無料一括査定はこちら

↓おすすめ関連記事

【実車確認!】BMW R18本物は悔しいけどカッコ良くて欲しくなった編【外観レビュー!展示車両詳細写真!】

【衝撃!打倒ハーレーならず価格!】BMW R18は乗り出し270万円から!【ファースト・エディションはオプション全部のせ!】編も読む!

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*