もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

【中古価格が崩壊!】BMW K1600Bが乗り出し価格180万円台に突入!

BMWは2020年4月に「R18」が発表され、ボクサーエンジン系クルーザーバイクへの注目が集まっているが、BMWモトラッドのフラッグシップは疑うこともなく「Kシリーズ」。

K1600Bとはどんなバイクか

その中でも「K1600B」は「Kシリーズ」のヨーロピアンなスポーツスタイルを踏襲しつつ、ロー&ロングで、アメリカンな「バガースタイル」を取り入れた、対ハーレーを意識したアメリカンツアラーモデルだ。

【ハーレーなBMW?!】戦艦のようなビッグバイクなのに俊敏だなんて!【BMW K1600B】
by Woka Rider

搭載されている6気筒エンジンは「シルキーシックス」と呼ばれるほど上質で、振動をあまり感じないほどなめらかな回転フィーリングなのが特徴だ。

充実装備でオプションをつける必要がないくらいの豪華仕様

ETC2.0、グリップヒーター、シートヒーター、フォグランプ、オーディオ、さらに電動式のバックギアなど、非の打ち所がない。欲しいが全部ある。

あえて、非の打ち所をあげるとしたら車重。350kg。

おそらく、購入して重さに耐えられずにすぐに売る人も多いと思う。

そして新車価格が360万円なとこくらい。

重量と価格がだいたい同じだね、なんて揶揄されたものだ。

2020年4月現在、そんなK1600Bの中古車価格が崩壊している!

乗り出し価格で184万円。事件だ。新車価格の半額になっている。

今年に入って200万円前半の中古車が出てきたなと思っていたらついに200万円を切って、180万円台をつけた。

2017年式で1万キロ以上走っているが、転倒傷はなさそうで状態は悪くなさそうだった。

2017年に発売開始になった車両。もう直ぐモデルチェンジだろうか。

正規ディーラーの「認定中古車」は230万円になってきた。どんどんと価格が引き下げられている印象だ。

正直グーバイクを見ていると、BMWの値崩れは早い。

欲しかった人には朗報だが、手放そうか迷っている人には悲報かもしれない。

だいたい中古買取価格は販売価格の6割くらいが一般的であろうか。専門家ではないが、中古とはそんなもんだと思う。


売るなら早い方がいい。愛車価格が気になる方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込んだが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。

>>バイク王の無料出張査定での高価買取を希望ならこちら

そんな方におすすめなのが、大手バイクメディアサイト「バイクブロス」が運営する「買取金額比較サイト」。

「過去の買取実績価格」が表示されていて、さらに愛車+基本情報入力のみで最大8社の買取金額を一度に比較できます!
もちろん無料なのでとりあえず査定のみしてみる価値ありです。

»バイクブロス愛車無料一括査定はこちら

みなさんの参考になれば幸いである。

↓おすすめ関連記事

【K1600B】衝撃の50万円値下げ!ついにハーレーへの敗北宣言!

【バイク王で180万!】ハーレーFLHXS買取相場金額!ローン残あり・立ちゴケ傷ありのストリートグライドスペシャルはこのぐらいで売れた!【後悔・そして世間の嘘を暴露!】

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*