【Pick Up記事】もうすぐ夏!バイク乗車時の涼感アイテムまとめはこちら!

【SFF-BP・IMU付ABSだと?】ホンダCB250R 2022年モデルはお買い得すぎてやばい!

ホンダから新型CB250R 2022年モデルが発表になりました。7月21日に発売。価格は56万4300円。今回の改良ではデザインはそのままに、とにかく装備の質が豪華になったことが話題になっています。

特にフロントサスペンションやブレーキユニットが強化されて、ZX25Rレベルの高級パーツを使用しています。

今回は、その豪華な装備からいかにこの機体が優れているかを見ていきましょう。

海外ではいち早くCB300Rとして発表済み

New 2022 CB300R Neo Sports Café by Honda Motorcycles Europe

新採用:フロントフォークが倒立でSFF-BP

SFF-BPとは「セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン」の略称。

左右のフォークが別々の役割を果たしている高性能サスペンションとして知られています。

これが付いていると高性能スポーツバイクとして認知されます。

250ccクラスだと、カワサキのZX25Rに装備されていますね。

80万円クラスのバイクに装備されているものがこのクラスのバイクに装備されるなんてホンダの本気が垣間見えます。

フロントブレーキがラジアルマウントキャリパー

フロントブレーキはシングルディスクですが、ラジアルマウントキャリパーの良いものが付いています。

これもカワサキZX25Rと同じですね。

高額な高性能スポーツバイクに装着されているブレーキがこのクラスに装備されているのです。

これで56万円ですから、お買い得ですね。

IMUによるABSコントロール

また急制動時の後輪浮き上がりを効果的に抑制するIMU(車体姿勢推定システム)付ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備。 

https://www.honda.co.jp/CB250R/chassis/

このCB250RのABSはただのABSではありません。

IMU(車体姿勢推定システム)付きのABSなのです。

250ccバイクで搭載されているのは本当に少ないと思います。CBR250RRやZX25Rにも装備されている情報はありません。

スーパースポーツや高級車には6軸IMUなんてのが搭載されていますが、CB250Rは何軸の姿勢を検知するのかは記載されていません。

前回のモデルチェンジ時にボッシュ製の5軸IMUになったという情報がありました。

このIMUの力が発揮されるのは車体が倒れているコーナリング中でしょうか。

廉価で検知できる軸数が少なくても、車体が倒れてることは検知できるはずですから、より効果的で安全なブレーキングが可能となるでしょう。

新採用:アシストスリッパークラッチ

CB250Rは一度モデルチェンジしたはずですが、その時にアシストスリッパークラッチになっていなかったのには驚きました。

今回の2022年モデルでやっと採用です。

これによりクラッチが軽くなり、さらにエンジンブレーキの効きがマイルドになるはずです。

新採用:ギヤポジションインジケーターがついた

これも新採用ポイントのようです。

同じ単気筒エンジンであるレブルのモデルチェンジの時に、ギヤポジションインジケーターがついて歓喜に沸きましたが、CB250Rにはまだ付いていなかったのですね。

あると便利なので嬉しい限りです。

カラーバリエーション

マットガンパウダーブラックメタリック
マットパールアジャイルブルー
キャンディークロモスフィアレッド

マットブラックがいいですね!

フロントフォークの色ですが、ブラックは黒に、マットブルーとレッドはゴールドに塗装されています。

また、ホイールもブラックは黒に、マットブルーとレッドはゴールドに塗装されています。

黒はよりダークに、他の2色はより豪華でスポーティーな演出です。

これで564,300円(税込)なら買い!

本当にセカンドバイクとして欲しいバイクです。

250ccというお手軽排気量で、重量は144kgという軽量さです。

全てが身軽で何も気負うところがありません。

強いて言えば、シート高が795mmと160センチ台では足つきべったりとはいかないところでしょうか。

でも足回りの装備が、ZX25Rと同じような豪華さで56万円です。

カウル付きのバイクでなければ!というこだわりがなければ、80万円するバイクと似たような雰囲気が味わえそうなコスパ最強なバイクだと思います。

皆さんの参考になれば幸いです。

買い替えを検討されている方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込みましたが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。でも無料なので一度査定してみるのはありです!

相見積もりするなら以下の大手4社がオススメ!

おすすめ関連記事

【現車確認】ホンダ ホーク11はダサいというか質感が足りないので残念!外観インプレ!【エンジンガードオプションもある!】

【現車確認!】ホンダ ダックス125(HONDA Dax125)にまたがってきた!ハンターカブとスペック違いを比較【発売日・程よい価格・サイズ感と性能感・小さいタンク容量】

【現車確認!】「CBR250RR」は細部までスパルタンなスペックだった!シート高・足つき良好!【2020年モデル】

【現車確認!】CBR1000RR-R SPにまたがってきた!シート高と足つき!スペック!を詳細写真で【2020年モデル】

【海外インプレ動画で見る】Vストローム SXは油冷ジクサーエンジンを積んだアドベンチャーモデルだ!【250との比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*