もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

【ハスクバーナで250cc出た!】スヴァルトピレン 250(HUSQVARNA SVARTPILEN 250)【2020年4月発売!】

ハスクバーナで250ccバイクが日本で発売される。

2018年に「VITPILEN 401」「VITPILEN 701 」「SVARTPILEN 401」が発表された時の衝撃は覚えている。

なんとデザインが近未来バイクなんだと。

しかし、東京モーターサイクルショーで実車にまたがってみると身長168cmの私では両足つま先立ち。シート高830mmに夢を砕かれた記憶がある。

そんな苦い記憶のあるハスクバーナのスヴァルトピレンに250ccが出る。

実は2019年の12月に海外では発表されていて、日本では未発表という状況であったが、モーターサイクルショーを前にしてついに発表という感じだ。

最近では「レブル250」が新型を発表したり、カワサキが250cc4気筒エンジンモデルを発表したりと250ccが盛り上がりを見せている。東南アジアの小排気量マーケットを狙っているのであろう。日本では車検がないので、このクラスが盛り上がるのは大歓迎だ。

さて、車両を見ていこう。

水冷単気筒エンジンでコンパクト。重量は「153kg(燃料除く)」。軽い。

気になるシート高は「835mm」。足は簡単にはつかないだろう。

ただ、タンク容量が約9.5Lということで単純にプラス10kgしたとして、163kg。

片足で支えられるくらいの軽さであろう。

最近話題の「ヤマハXSR-155」のイメージか。

あれも足つきは悪いが、軽いので不安を感じないとのインプレがある。

低身長でも片足でなんとかなるかもしれない!


足回りもしっかり!

小排気量でもちゃんと「Bosch製ABSシステム」も装備されているので安心だ。

ブレーキも最近話題の「ByBre製油圧ブレーキキャリパー」。ブレンボの安価版らしいが性能は十分らしい。フロントもリアもByBre製とのこと。

だいたい大型バイクでもフロントがブレンボ製だと、リアはニッシンだったりとリアは手を抜くバターンが多いが、そこは抜かりないのがいい。

スヴァルトピレンといえばタンク上の「ラゲッジラック」だろう。

このデザインは男心をくすぐる。

大荷物は載せられないが何かしら置きたくなる。

ちなみにメーターはフルデジタルのようだ。

このタンクキャップもいい。

色と刻印。かっこいい。

こんなかっこいいバイクで街乗りしてみたい。

足つきがもっとなんとかならんか。

気になる価格は、59万9,000円(消費税10%込み)!

レブルくらいだ。


足つき動画発見!

海外のまたがり動画があったので共有したい。

またがった感じ結構バックステップ気味なのがわかる。

オプションでエンジンガードがあるようだ。

こけても安心。軽いし。

皆さんのお役に立てば幸いである。

買い替えを検討されている方へ

買い替えを検討しているなら大手バイクメディアサイト「バイクブロス」が運営する買取金額比較サイトが便利!過去の買取実績価格が表示されていて、さらに愛車+基本情報入力のみで最大8社の買取金額を一度に比較できます!
もちろん無料なのでとりあえず査定のみしてみる価値ありです。
»バイクブロス愛車無料一括査定はこちら

↓次の記事

【インプレ動画まとめ!】スヴァルトピレン 250が日本上陸してた!【速報!】も読む

↓おすすめ関連記事

↓おすすめ記事

レブル250 2020年モデルがHONDA正式発表!編も読む!

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*