⚠️記事内に広告を含みます

2024年モデル新型Ninja ZX-6Rの全貌解禁!進化もあるがエンジンスペック退化ポイントと競合車種との比較

カワサキは、2024年モデルのZX-6Rを北米で発表しました。日本での発表はまだですが、今後発表されるでしょう。

ZX-6Rは、カワサキのミドルクラスのスーパースポーツバイクで、多くのファンに愛され続けているモデルです。2024年モデルでは、エンジンがEURO5の排ガス規制に適合し、外観デザインがZX-10Rのように、よりスタイリッシュに新設計されています。

外観は大きく変わりましたが、内容はあまり大きなバージョンアップがありませんでしたので、フルモデルチェンジまではいかないかもしれません。

エンジンの排気量は変わらず636ccの直列4気筒DOHCエンジンを搭載しています。600ccクラスですが、599ccでないのがポイントです。

2024年モデルのエンジンは、最新の排ガス規制に適合するため、最大出力とトルクが減少、さらに燃費も悪化させています。

Metallic Flat Spark Black/Ebony
Pearl Robotic White/Metallic Graphite Gray

カラーはKRTエディションの他にブラックとホワイトが海外で発表されています。

サスペンションやフレームは、従来の2023年モデルまでのSHOWA製SFF-BP倒立、アルミ製ペリメターフレームが流用されているようで、内部の目新しい進化はないようです。

ブレーキは、ニッシン製のラジアルマウントキャリパーと310mmのディスクブレーキをフロントに、220mmのディスクブレーキをリアに装備しています。このブレーキは、強力な制動力を発揮し、安全な走行をサポートします。

ZX-6Rは、優れたパフォーマンスとハンドリングを備えた、ミドルクラスのスーパースポーツバイクです。中級者から上級者まで、幅広いライダーにおすすめのモデルです。

2024年モデルのZX-6Rの特徴

New 2024 Kawasaki Ninja ZX-6R | Official Video
  • 排気量636cc
  • 最大馬力 124馬力を13,000回転で発生
  • 最大トルク 69N.mを10,800回転で発生
  • 車重:198kg
  • タンク容量:17リットル
  • シート高:830mm

エンジンスペックは低下し、車重は1kg増

排気量636ccの直列4気筒DOHCエンジンを搭載。

126馬力→124馬力にダウン、最大トルク70N・m→69N・mへダウン。

EURO5の排ガス規制に対応するべく改良されましたが、出力はダウンしています。代わりに最高出力を発生する回転数は13500回転→13000回転へ、最大トルクも11000回転→10800回転へと、より低回転寄りに振られています。

排ガス規制に対応してもさほどスペックは落ちないモデルが多い中、2馬力ダウンはなかなかなものです。

また、車重も1kg増で197kg→198kgへと変更になっています。触媒系が増えたのでしょうか。

フレームはそのまま、エンジンやエキパイが変更に

これまでと同じアルミ製ペリメターフレームを採用。軽量で剛性に優れており、コーナリング時のハンドリングを向上させています。

排ガス規制に対応するために、お腹に抱えている膨張室が大きくなったようです。

サスペンション

フロントサスペンションは変わらずの高性能SHOWA製SFF-BP倒立フォーク。

ブレーキ

ニッシン製のモノブロックキャリパーと310mmのディスクブレーキをフロントに、220mmのディスクブレーキをリアに装備。強力な制動力を発揮し、安全な走行をサポートします。

フロントディスクローターはギザギザのウェーブのものから真円のものに変更となりました。

新型のフロントフェアリングと新型のプロジェクターLEDヘッドライト

この顔が最も大きな変更点でしょう。

内臓型のウイングレットのような形状をしています。ZX10Rのようですね。

また、ヘッドライト変更があり、ヘッドライトはプロジェクターとリフレクターを採用しています。

丸い目がよく見えるヘッドライトになりました。

アナログメーターからTFT液晶ディスプレイへ変更

アナログメーターからデジタルカラー液晶メーターになったことも大きな変更点です。

こちらは新型のZX25RやZX4Rなどでも見られるものが装着されています。

サイレンサーデザインが変更

カラーがシルバーからブラックへ変更となりました。

さらにサイレンサーに3本線が入りました。

CBR600RR

  • 排気量:599cc
  • 最大馬力:121馬力を14,000回転で発生
  • 最大トルク:65N.mを11,500回転で発生
  • 燃費:WMTCモード 17.3km/L
  • 車重:194kg
  • タンク容量:18リットル
  • シート高:820mm

>>【現車確認!】新型「CBR600RR」のウイングレットが鋭すぎてかっこいい!レースに特化したポジション・足つき・スペック!マフラー中央出し!【2020年モデル】

YZF R6

  • 排気量599cc
  • 最大馬力 118.4馬力を14,500回転で発生
  • 最大トルク 61.7N.mを10,500回転で発生
  • 燃費 WMTCモード 17.3km/L
  • 車重:190kg
  • タンク容量:17リットル
  • シート高:850mm

>>【2020年でR6絶版か⁉︎】YAMAHA YZF-R6 2020年カラーのマットブラックが超絶かっこいい!

CBR650R

  • 排気量 648cc
  • 最大馬力 95馬力 12,000回転で発生
  • 最大トルク 64N.m 8,500回転で発生
  • 燃費 WMTCモード 21.3km/L
  • 車重:208kg
  • タンク容量:15リットル
  • シート高:810mm

排気量が600ccを超えているので、スペック的に近くなりそうですが、ZX6Rの方が120馬力を超える大きなパワーを持っていることがわかります。

こちらはだいぶ乗りやすく、優しく作ってありますね。

実はZX6RはCBR650Rの顔に似ていないか説があります。

この顔、ZX6Rに似ていませんか。

ヘッドライトの下に空気の取り込み口のようなものがあると、違うようで何か系統が似ているような気がしてきます。

ウイング内蔵式のようなデザインになるとみんな似てきてしますのでしょうね。

>>【現車確認!】「CBR650R」は親しみやすい4気筒スーパースポーツバイクだった!【2020年モデル】

PR:買い替えを検討されている方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込みましたが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。でも無料なので一度査定してみるのはありです!

バイク王無料査定申し込みは簡単!


>>ネットで簡単バイクオンライン査定はこちら!無料出張買取です!

画像だけでバイクが売れる話題のカチエックス(旧:アップス)もおすすめ



>>ネットでバイク売るならKATIX【KATIX】

相見積もりするなら以下の大手4社がオススメ!

おすすめ関連記事

【発売日・価格決定】ZX-4RR・SE日本仕様が115万円で!

【現車確認!】BMW M1000RR 2023年モデルのウイングレットとかスペックとかカーボンパーツをじっくり見る!

【現車確認!】BMW M1000Rのウイングレット・スペック・カーボンパーツを見る!

【現車確認】カワサキ ZX-10R KRTエディション 2023年カラーを見る!

【現車確認!】「CBR1000RR-R SP」にまたがってきた!シート高と足つき!スペック!を詳細写真で【2020年モデル】

【現車確認!】新型「CBR600RR」のウイングレットが鋭すぎてかっこいい!レースに特化したポジション・足つき・スペック!マフラー中央出し!【2020年モデル】

【現車確認!】CBR250RR 新型2023モデルのウイングレットとか変更点を見る!