⚠️記事内に広告を含みます

【現車確認!】BMW M1000RR 2023年モデルのウイングレットとかスペックとかカーボンパーツをじっくり見る!

BMWのM1000RRの2023年モデルを見てきました。外装パーツはほぼカーボン!

それでいて価格は3,849,500 円〜という良心的価格!(な気がする)

日本仕様はカーボンホイール等がオプション装備装着された「Mコンペティションパッケージ」が標準のようで4,488,500円(税込)となりそうです。

東京モーターサイクルショーで初公開ということでかなり注目度の高い車両となっています。

S1000RRと一見似ていますが、各所違いもありかなりレーシーに仕上がっています。

今回はM1000RRのかっこいいウイングレットとかスペックを見ていきましょう。

サイズ感・スペック

全長:2,085mm

全高:1,224mm

全幅:899mm

乾燥重量:170kg・装備重量193kg(燃料90%)

シート高:832mm

タンク容量:16.5リットル

エンジンスペック

油冷/水冷 並列4気筒エンジン

排気量:999cc

最大馬力:212馬力(14,500回転)

最大トルク:113N・m(11,000回転)

排ガス規制:EURO5対応

最高速度:314km

燃費(WMTCモード値):15.38km/L

標準装備パーツ

プレミアムライン

(カラー:ブラック・ストーム・メタリック / M モータースポーツ)

  • M コンペティションパッケージ

 - M エンデュランスチェーン

 - M GPS ラップトリガー インターフェイス(起動コード・本体は別)

 - パッセンジャーキット

 - カーボンパック

            M カーボン リアフェンダー

            M エアロ  ホイールカバー

            M エアーボックスカバー

            M カーボン タンクカバー(左右)

            M カーボン チェーンガード

            M カーボン スプロケットカバー

            ピリオンシートカバー カーボン

– M ビレットパック

           ブレーキレバー(可倒式)

            M ブレーキレバーガード

            M クラッチレバー(可倒式)

            M ライダーフットレストシステム(左右)

  • カーボンホイール

スタンダード(カラー:ライト・ホワイト /M モータースポーツ)

  • M GPS ラップトリガー インターフェイス(起動コード・本体は別)
  • パッセンジャーキット
  • M 鍛造ホイール

※スタンダードは受注生産となります

※3年保証、ETC 2.0はすべて標準装備

https://www.bmw-motorrad.jp/ja/models/m/m1000rr/technicaldata.html#/section-biao-zhun-zhuang-bei

カーボンパーツがふんだんに使われています。

ETCは標準装備。

カーボンウイングレット!

これはすごいですね。

フェアリングはハイ・ウインドスクリーンを装着することで最高速度を8 km/h向上させるとともに、空力性能を高めることでライダーの疲労を軽減しています。

フェアリングは全てカーボンでできています。

ウイングレットは前輪を浮かせないようにするパーツですが、空飛べそうな感じします。

顔がいいですね。

ウイングレットだけでなく、フロントのカウルが全てカーボンなので高級感がハンパないです。

サイドから見たウイングレットとサイドカウル。

もうため息しか出ません。

このウイングレットは時速300kmで、最大で22.6 kgのダウンフォースを発生します。

車両重量が軽量だからこそ、このウイングレットが必要だというわけです。

Mカーボンホイール・強力なMブレーキ・MブレーキダクトとMエアロホイールカバー

M1000RRのフロントホイールには見慣れないパーツがついています。

フロントホイールのエアロカバーです。

このカバーにより、フロントホイール周辺に発生する乱流を抑制。

250 km/h以上で走行するような長い直線ではマシンのポテンシャルをフルに引き出します。

また、ブレーキを効率的に冷却するMブレーキダクトが量産車初搭載とのことです。

ブルーに光るMブレーキは強力で、最高時速時速314kmを10.7秒で停止状態にできます。

アクラポビッチマフラー

フルチタン製のアクラポビッチマフラーを採用し、3,657gの軽量化を果たしています。

意外と機械式調整サスペンション

300万円オーバーの高価な車両で、BMWは電子制御サスペンションも得意そうですが、フロントもリヤも機械式の調整機構を備えたサスペンションとなっています。

リヤサスペンションは意外とバネが露出していないタイプです。

リバウンド/コンプレッションダンピングおよびスプリングプリロードの調整機構を備えます。

これで400万円以下は安い

こんなカーボンモリモリの外装で、さらに先進的な装備が付いて3,849,500 円という驚異のコスパには驚かされます。

カーボン外装やカーボンホイールを揃えるだけで100万円くらい軽くいきますよね。

十分高いですが、レースに全振りの装備が標準装備なら、アフターパーツでカスタムする必要がないので逆に安くつくかもしれませんね。

皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

【現車確認!】最強ストリート!BMW M1000Rのウイングレット・スペック・カーボンパーツを見る!

【現車確認!】新型ドゥカティ パニガーレV4Rのウイングレット・スペックを見る!

【現車確認】カーボンボディに最強スペック224ps!ドゥカティ・スーパーレッジェーラV4 限定500台の魅力

【現車確認】カワサキ ZX-10R KRTエディション 2023年カラーを見る!

【現車確認!】「CBR1000RR-R SP」にまたがってきた!シート高と足つき!スペック!を詳細写真で【2020年モデル】

AD:買い替えを検討されている方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込みましたが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。でも無料なので一度査定してみるのはありです!

バイク王無料査定申し込みは簡単!


>>ネットで簡単バイクオンライン査定はこちら!無料出張買取です!

最近話題のアップスもおすすめ


>>他業者からのしつこい連絡なし!バイクを高く買い売るなら一括査定の【アップス】

相見積もりするなら以下の大手4社がオススメ!