【Sとの価格差25万円】ハーレー ローライダーST 2022年モデルは破格プライス!【さらなるシート高アップ汗】

ハーレー2022年モデル発表会でローライダーSと共に「ローライダーST」を発表しました。ローライダーSにフェアリングとサドルバッグを取り付けたモデルですが、メーターの形状や、クルーズコントロール、シート高がローライダーSと異なりさらなる進化を遂げています。さらにノーマルのローライダーSとの価格差が20万円しかないなどお得感もあるのでそんなローライダーSTの細部をご紹介します。

公式紹介動画を観る

2022 Low Rider S & 2022 Low Rider ST Overview | Harley-Davidson

カラーと価格

ビビッドブラック 306万200円

ガンシップグレー 310万5300円

ノーマルのローライダーSのビビッドブラックが281万8200円なので25万円くらいしか変わらないのがすごいですね!フェアリングとサドルバッグ、クルコンつけたらもっといきそうです。

車重

327kg

フレームマウントフェアリング

ローライダーSといえばビキニカウルであったり、オプションのクォーターフェアリングのイメージでしたが、今回のSTには社外パーツである大型のフェアリングです。

クラブスタイルのスピードクルーザーカスタムでよく見るスタイルです。日本ではなかなかここまでする人はいませんが、本場アメリカでは人気のあるカスタムなのでしょう。

オプションでオーディオ埋め込み可能

新製品発表会ではフェアリングに埋め込める、オプションのオーディオが紹介されていました。

防水なので雨が降っても音楽を聴きながら運転ができます。

>>【ローライダーST】フェアリング内蔵オーディオの情報が明らかに!【Rockford Fosgate(ロックフォード・フォズゲート)社製】

メーターは小ちゃい

大きなフェアリングは付いていますが、メーターは小さいです。

これはストリートボブとか、ブレイクアウトとかについているやつですね。

一応スピードメーターとタコメーターと燃料計は見えますが、ローライダーSの2連メーターの名残としてアナログ感は残して欲しいところでした。

クルーズコントロール標準装備

ハーレージャパンの公式ページには記載がありませんが、発表会動画ではクルーズコントロールは標準装備と言っています。

車両画像を見てみると、ハンドル左手部分のスイッチボックス形状が縦長になっているのでクルコンが入っていると思われます。

スポーツグライドと同じ感じですね。

シート高が720mmへアップ

シート高がさらに上がりました。

ローライダーS 2022年モデルのノーマルモデルが710mmとなったのでさらに10mmシート高アップです。

160cm台の日本人にはきついお話です。

2021年モデルまでのローライダーSは690mmなので3cmアップとなりました。

リーンアングルを稼ぐためと言われていますが、ハーレーは足元のケースやマフラーが左右に張り出しているので数値以上に足つきは悪いので非常に残念です。

168cmの私が2021年のローライダーSにまたがってギリギリ足のかかとが着くぐらいなので数センチかかとは浮く可能性があります。不安ですね。

買い替えを検討されている方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込みましたが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。でも無料なので一度査定してみるのはありです!

バイク王無料査定申し込みは簡単!電話査定に必要な個人情報は名前と電話番号だけ!

»ネットで簡単バイクオンライン査定はこちら!無料出張買取です!

相見積もりでさらに高く売りたい方におすすめなのが、「バイクブーン」。

意外と買取を頑張っているのがバイクブーン。ただいまハーレー高価買取中とのことです。ネットで自動買取査定もできるので入力してみてください。

もちろん無料査定なのでとりあえず査定のみしてみる価値ありです。

ローライダーS・ST 2022関連記事

【実車詳細写真!】ハーレー ローライダーSTのフロントフェアリングの裏側やサドルバッグをじっくり見てみる!

【ローライダーST】フェアリング内蔵オーディオの情報が明らかに!海外価格は?【Rockford Fosgate(ロックフォード・フォズゲート)社製】

【実車確認】ローライダーS 2022年モデルまたがりインプレ!【足つき・身長別ポジション・メーター変更の恩恵】

【比較】ハーレー ローライダーS 2022年モデルの違いはこの3点!価格も高い!【メーター移設・排気量・シート高】

おすすめ関連記事

【Sとの価格差25万円】ハーレー ローライダーST 2022年モデルは破格プライス!【さらなるシート高アップ汗】

【中古250万!】未来に残したい。現行スポーツスターの中古車価格が爆上がり!もはや本来の価値ではない件【フォーティーエイト、1200アイアン、883アイアン】

【2021年ハーレーを超えた】インディアン チーフ(Chief)は電子制御搭載でより安心で快適に!【エンジン造形が美しい】

【試乗インプレ!】ハーレー ローライダーS FXLRS 2020年モデル実際に乗ってみた!【トライアンフ乗り視点!】

【現車確認!】ローライダーS 2020年モデルにまたがってみた!足つき、ポジションチェック!

【噂】ハーレー ローライダーS 2022年モデルは2眼メーター廃止で革新的に進化を遂げる予定な件

【バイク王で180万!】ハーレーFLHXS買取相場金額!ローン残あり・立ちゴケ傷ありのストリートグライドスペシャルはこのぐらいで売れた!【後悔・そして世間の嘘を暴露!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*