暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【乗り心地・燃費・メリット・デメリット】スズキ ジムニー(660cc) ペーパードライバーの実走行レビュー!4時間試乗インプレ③

大人気車種スズキ ジムニーでたっぷり?4時間運転してみてレビューをしてみたいと思います。ここではジムニーにペーパードライバーである私がいきなり乗ってみて感じたこと、良い点、悪い点を述べてみたいと思います。イメージが先行しがちな車種だけに、買って後悔しないためにも現実をお伝えします。

メリット①660ccのパワー感が街乗りでちょうど良い

今回運転したのはシエラではなく、軽の方です。

渋滞が多い都内を走行したので、その乗りやすさに驚きました。

まず、アクセルのツキが鋭くないので、ある程度アクセルを踏んでも前に急激に飛び出しません。

1000cc後半の一般車だと、ちょっとアクセルに力を入れただけで、ズンっとスピードが出るモデルもあると思いますが、スピードが出るまでに時間がかかる分、運転に慣れていない私にとって安心感がありました。

メリット②コンパクトな車幅で扱いやすい

車幅が狭いので駐車は大きい車よりの楽かなと思いました。

手の中に収まる大きさといいますか、初心者には扱いやすい車体の大きさです。

メリット③ヒルホールドコントロールで坂道発進ラクラク

ジムニーには「ヒルホールドコントロール」という機能がついています。坂道発進時にブレーキを踏まなくても約2秒間保持してくれる機能です。

都内は意外とアップダウンが激しく、坂道発進も多くあります。そんな中、この機能は効果を最大限に発揮してくれました。

オートマでもちょっと急な坂だと後ろに一瞬下がるものですが、全くヒヤッとした記憶がありません。

メリット④オートエアコン

車のエアコンといえば風量の強弱ばかりを見てきた私にとってこのオートエアコンには感動しました。

風量と言うよりも、設定温度を変えるだけでちょうど良い車内の温度を保ってくれるエアコンには感動です。

エアコンも強力で、外気温30度以上でもすぐにちょうど良い温度にしてくれます。

デメリット①メーターが見にくい

個人的な感想ですが、ハンドル越しに見えるメーターが見にくいと感じました。

身体の角度が問題なのか、ハンドルの大きさが問題なのか、メーターの大きさや角度が問題なのかはっきりとはわかりませんが、自然と視界に入るメーターではありませんでした。

ちょっと数字が小さいのかもしれません。

意識してメーターを見ないとうっかりスピードを見落としそうになりました。

メーターのデザインはアナログ感があって良いのですが感覚的にそう思いました。

デメリット②バックモニターが見にくい

バック時のバックモニターが見にくいと感じました。

バックカメラがあり、「R」に入れると後ろが見えるようになるのですが、液晶の質が悪いのかカメラが悪いのかはっきりしませんが、遠近感があまり分からないと感じました。

また、最近のバックモニターはハンドルを切ると車の予想進路を表示してくれるものも多いですが、ジムニーのモニターはハンドルを切っても、表示が何も動かないので車の進行方向具合が分からなく、不安になりました。

運転が上手い方は大丈夫かもしれませんが、バックモニター依存症の私にとってとても難易度が高いと思いました。

デメリット③加速感はもっさり

街中は快適というお話をしましたが、開けた空いている道路に出た場合の加速感は物足りないと感じました。

そこそこデカいトラックに煽られます。

回転数でいうと、3500回転以上回さないと一般車に太刀打ちできないので、瞬発力が足りないと感じるはずです。

しかし、高回転回したからといって不快な振動や音はしません。ちょっと頑張っているなということがドライバーが感じることができます。

デメリット④高速域でのカーブに不安感

やはり車高が高くて横幅が狭い分、高速域でのカーブに少し不安を感じました。

曲がれなくはありません。

でも地を這うような安定感はありませんでした。もちろんこのデザインなので想定内ですが。

デメリット⑤後部座席で足が伸ばせない

走行レビューではありませんが、一応お伝えしておきます。

一見、天井も高くて座席も広そうな後部座席ですが、運転席と助手席までの距離が近すぎて足が窮屈です。

小さな子供ならいけそうですが、大人は発狂してしまうかもしれません。

後ろはラゲッジスペースとして考えましょう。

デメリット⑥燃費

私が乗った車両は約5万キロ走った車両で、その平均燃費が11.6kmでした。

軽自動車にしたら悪くないですか。軽ならもっといって良いと思いますが、ジムニーはあまり燃費が良いモデルとは言えないモデルのようです。

乗り心地と総括

メリットよりもデメリットの方が強く出てしまいましたが、「乗る」ということに関しては扱いやすい、乗りやすいモデルだなと感じました。

1年半運転していないペーパードライバーの私でも事故なく戻ってこれました。

振り返ると一度も冷や汗を出さずに運転できましたね。

アクセルやブレーキ操作で車体がガクンとなる感じが少なく、操作性にトゲがないというか、クセがありません。

乗り心地は良いとも悪いと感じなかったので、特に問題はないでしょう。

車内はとても静かで、オフロードもいけるというボディの堅実性(脳内イメージ)もあり軽自動車でありながら、軽に乗っている物足りなさの感じもありませんでした。

今回は悪路に行っていないので4WDモードは試していませんが、2WDでも四駆に乗っているようなウキウキ感を味わうことはできました。

このデザインの車に乗れているだけで楽しいと思います。

残念ながらスピード感は無いので、高速道路などで物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

より爽快感をプラスしたいのならジムニーシエラにした方が良いかもしれませんね。

後部座席の広さの関係で、大家族は乗せられませんので、ソロキャンプなどの大人遊び用の車を持てる方には手軽でオススメなのではないでしょうか。

皆様の参考になれば幸いです。

前の記事

【4時間試乗インプレ①】スズキ ジムニー(660cc) 外観レビュー!

【4時間試乗インプレ②】スズキ ジムニー(660cc) 内装レビュー!【スイッチ解説】

おすすめ関連記事

【ほぼバイクな乗車感!】ホンダ S660 3時間試乗レビュー①【外観編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*