アンダーアーマーのスポーツマスクが40%OFF!商品ページはこちらから

【見れる!】ハーレーパンアメリカ1250車高調機能「アダプディブライドハイド」は凄い!

日本ではまだですが、海外では続々試乗動画が出ています。その中にみんな気になるアダプティブライドハイトの作動動画が公開されていたので見て行こうと思います。

アダプティブライドハイトとは?

ハーレーのパンアメリカスペシャルモデルには自動で車高を調整してくれる「アダプティブライドハイト」という機構が装備されています。

これは足つきの向上を目的とした機構で、車両が停止時には前後のサスペンションが沈み込む事でシート高を下げ、車両が動き出すと車高が高くなります。

この機構は、従来のシート高が高くてアドベンチャーモデルを敬遠していた人に夢と希望を与えるとても未来的な機能です。

動画で見る

Harley Davidson Pan America with adaptive ride height overview.
by Eric Von

現状ではこの動画が一番その機能を映していると思います。

キーオンをした瞬間にサスペンションが沈み込みかなり足つきが向上しています。

Harleu-Davidson Pan-America / Walk Around / Adaptive Ride Height
by NEPA CLUB STYLE

こちらもアダプティブライドハイト機能が映っています。

シート高が約3cmぐらい下がるらしいですね。

ハーレーの公式動画でゲームチェンジャーだという言葉には頷くばかりです。

これで日本人体型でもアドベンチャーモデルに挑戦できそうでワクワクしてきます。

おすすめ関連記事

【現車確認!写真祭】ハーレー パンアメリカ1250スペシャルは意外と小さく見えた!【スペック・シート高は?】

残念!ハーレー 2021年モデル発表!ほぼカラー変更のみで性能の変更点はなし!【スポーツスターは3車種継続】

【実車動画】ローライダーS 新色「ミッドナイトクリムゾン」を見る!2021年モデル!

【現車確認!】ハーレーの電動スポーツバイク「LiveWire (ライブワイヤー)」って最長航続距離235kmらしい【免許区分?スペック?】

【バイク王で180万!】ハーレーFLHXS買取相場金額!ローン残あり・立ちゴケ傷ありのストリートグライドスペシャルはこのぐらいで売れた!【後悔・そして世間の嘘を暴露!】

【試乗インプレ!】ハーレー ローライダーS FXLRS 2020年モデル実際に乗ってみた!【トライアンフ乗り視点!】

【比較!トライアンフ タイガー900】GT?RALLY?Pro?4種類あって違いが分からん方へ!

【これはアドベンチャー版カタナだ!】Vストロームの1050価格が発表!【電子制御もりもりです】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*