暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【内側からのバイクでのお尻の痛みの原因と解決策】サイクル インナーパンツ【ゲルパッド 3D 痛み軽減 速乾 通気性 吸汗力】ロードバイク初心者にもおすすめ!

サドルに座る乗り物の悩み。それはお尻の痛み。

「サイクルインナーパンツ」で解決できるかもしれない。

「サイクル」という名前の通り、もともとは「固いサドル」に座る「ロードバイク」向けの商品である。

ロードバイクではこのようなサドルに長時間座る。

一見、膨らみがあり中にクッションが入ってそうだが一切ない。

ロードバイクは軽量化が命。お尻の形にフィットするように「そういう形をしているだけ」である。

クッションという甘いものはなく「カーボンの下地に皮が張ってあるだけ」である。

通称、「三角木馬」とも呼ばれている。

この固いサドルに座るために開発されたのが「サイクルインナーパンツ」なのだ。


実際に見てみる!

一見は黒いインナー。もちろん中は何も履かず、そのまま直で履くぞ!笑

素材はスポーツ用の素材でさらっとしている。速乾性がある。

生地は薄いので、ズボンを上に履いても違和感はない。


パッドをみる!

この中のパッドが、バイクやロードバイクのサドルからくる衝撃を吸収してくれる。

お尻全体にパッドがあるわけではない。

一応ロードバイクようなのでロードバイクのサドルの形をしている。

3D構造というだけあってかなり立体的なパッドだ。

この盛り上がりがあれば、お尻が軽く浮く状態になるので血流が少し良くなると考えられる。

お尻の痛みやシビれは、血流の悪さが原因だと考えられる。

特にバイクの場合は座面が広いサドルにどっしり座るので、お尻が圧迫され続け、血流が悪くなるのだ。

さらに、局部への衝撃も吸収してくれるのでいい。笑

当然、「ロードバイク初心者」にもおすすめである。

初心者は、ロードバイク専用の「レーサーパンツ」を履くのを少しためらうのでこの「サイクルインナーパンツ」からスタートしてみてはいかかであろうか。

もちろん、ロードバイクに乗っていてお尻が痛くなるのは初心者の証拠。スポーツなので鍛える必要がある。というか「乗り方が未熟」なのだ。

みなさんの参考になれば幸いである。

↓シートをダサく変えてくない、ゲルザブも生理的に無理なあなたはすぐに商品詳細をチェック!
選べる3色!サイズ感は普段通りでOK!



↓おすすめ関連記事

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*