暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【テレワークを3,000円で快適に!】在宅勤務を快適にするおすすめPCアクセサリー!【HDMI規格も紹介!】

テレワーク、在宅勤務でノートPCを会社から支給され仕事をしている方も多いと思う。この仕事をさらに快適にする低価格で便利なおすすめPCアクセサリーを3つ紹介する。HDMIケーブル、外付けキーボード、USBハブだ。HDMIケーブルは規格が数種類あるので違いも紹介する。PC周辺機器を追加するだけで効率は格段に向上する。

2020年4月現在。今の流行りは「外出自粛」「stay home」「うちで踊ろう」。

いわゆるオフィス勤務者は、職種関係なく「在宅勤務」「テレワーク」が推奨というか義務となっている。

デスクトップPCで入社以来仕事をしてきた私だが、「テレワーク」推奨ということで、ノートPCを支給される。家で仕事をしたことなどない。

なので、なるべく費用をかけずに、「何もかもが小さいノートPC」だろうが家で快適に仕事ができるようにする、「おすすめPCアクセサリー」を紹介していこう。


1.HDMIケーブル【LinkinPerk ハイスピード HDMI ケーブル Micro HDMI to HDMI変換 金メッキコネクタ搭載 プレミアムアルミケース (1M, 赤)】

↓気になったらこちらから商品詳細をチェック!

HDMIケーブルとはPCと外部モニターをつなぐケーブルである。

そう、ノートパソコンの画面は小さい。大きくて15インチぐらいであろうか。

そんな画面をじっと見つめるのは辛い。広いオフィスなら適宜遠くを見れる「目の休憩」ができるかもしれないが、狭い自宅では不可能。しかも今は外出自粛なので気軽に外にも出れない。

外部モニターがなくてもテレビに繋げられるのが便利!

現在発売されている薄型テレビにはほぼ全てに「HDMI」端子が繋げられる。

hdmi typeA

このような幅広の台形な端子である。テレビや外部モニター側はほぼこの標準的なHDMI「タイプA」だ。

実はHDMIはタイプ「A」「B」「C」「D」「E」と5つあるらしい。

ちなみに私のノートPCは「タイプD」という形状。別名「マイクロHDMI」ともいうらしい。

左から2番目の穴。

昔のminiUSBみたいなイメージだ。

刺さった。一安心。

ちなみにGoPro HERO4にも繋げられる。

「タイプD(マイクロHDMI)」はスマートフォン、タブレット、デジタルカメラなどの小型電子機器に使われることの多い端子形状だ。

これがあれば小さな画面小さな文字ともおさらば!

実はHDMIケーブルには当たり外れがある。安すぎるものを使うと画面が突然ぷつりと切れる。つまりデータの安定供給ができない。

長いものほど少し高品質なケーブルを選ぼう!

↓気になったらこちらから商品詳細をチェック!

↓アマゾンでHDMIケーブルを検索!(端子の規格に注意!)



外付けキーボード【エレコム キーボード 有線 メンブレン ブラック TK-FFCM01BK】

ノートPCに「マウス」を支給されている方は多いかもしれない。

以外と盲点なのが「外付けのキーボード」の存在。

いらないけど、あると便利だ。

事務系の方など「数字」を扱う方は特に独立したテンキーで数字を打ち込めるのは便利というか「仕事効率化」になる!

ちなみにこのキーボードは1,000円以下で手に入る。

↓気になったらこちらから商品詳細をチェック!

ノートパソコンの薄いキーボードだと、押した時の感覚が気持ち悪いという人も多いと思う。

この商品なら、「肉厚」で押した時の、あの「サクサク感」が味わえる。

個人差はあると思うが、私はこのキーボードの押した感触が好きだ。音も「ザ・キーボード」らしい「カタカタ音」が楽しめる。

わずかながら高さ調節も可能だ。

MacのデスクトップPC付属の薄型キーボードとは違い、かなり「高さ」はある。

好みはあるが、使ってみるとこの高さが逆に打ちやすかったりする。

「無線」は価格が高いが、「有線」のキーボードは1,000円程度で購入可能だ!

電池や充電の心配がないので有線がおすすめ!

↓気になったらこちらから商品詳細をチェック!

↓外付けキーボードを検索!



3.USB3.0ハブ【エレコム USBハブ 3.0 4ポート バスパワー【超小型・軽量設計】U3H-FC02BBK】

ノートパソコンは拡張性に乏しいのが「弱点」だ。

つまり小型なPCほど差せる「USB端子」が少ない。2個あれば上等な方だ。

「マウス」と「USBメモリ」を接続したらいっぱいというケースは少なくない。

さらに紹介したキーボード、さらに外付けハードディスクを繋げたいなんてことはある。

そんな時に活躍するのがUSBハブだ。

「USB3.0」規格であれば、さらに速くデータ転送ができ、より多くの電力を供給できる。USB給電のハードディスクや、スマホの充電に活躍する。

もちろんPC本体がUSB3.0規格である必要はある。

端子が「青」ければそれは「USB3.0」の証。

これでPC周辺機器での拡張とスマホ等の充電も一気にこなせる。

↓気になったらこちらから商品詳細をチェック!

↓USB3.0ハブを検索!



「HDMIケーブル」、「外付けキーボード」は1,000円以下。

「USBハブ」は1,200〜1,500円以内で購入可能だ。

合計しても3,000円程度。

この3つのアイテムはあなたの在宅勤務(テレワーク)をより快適にしてくれるだろう。

みなさんの参考になれば幸いである。

↓自粛関連記事

アベノマスクついに届いた!【品質悪いよ】編も読む!

↓おすすめ関連記事

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*