もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

【スズキ 新型KATANA】価格と発売日が発表!旧型も見てみよう編[後編]

ポジション

アップハンドルなのでポジションはゆったり目だ。

セパハンはポジションが辛くて乗らなくなると思う。

足つきチェック動画を見るとやはり新型カタナはシート高825mmで高い。

私はバイクを起こすと両足つま先立ちになるはずだ。

車重が215kgなのでギリギリ扱えるかなとも思うが。

カラーは2色

ちなみに車体色は「ミスティックシルバーメタリック」と、

「グラススパークルブラック」の2色展開。個人的にはブラックが好みだ。

ちなみに、この展示車はブレンボのブレーキキャリパーが赤くなっているが、これはオプションだ。価格は37,800円する。

他にもシートが赤いのもオプション設定。

オプションの少し高いスクリーンも装着されている。

GSX1100S KATANAを見る(旧型)

旧型も東京モーターサイクルショーで展示されていたので写真をアップしておく。

GSX1100S KATANAは今見てもかっこいい。

調べてみるとGSX1100Sのシート高は775mmとのこと。新型はこのくらいがよかった。

空冷エンジンのフィンが美しい。

赤いオプションパーツが良い

オプションをつけるなら、赤いブレンボキャリパーは外せないなと思う。

ブレンボ!でさらに赤!男のロマンを感じる。

>前編も読む

↓おすすめ関連記事

【詳細写真!現車確認】スズキ 新型カタナの マットブラックとレッドの特別仕様車を見てきた!

↓最新記事

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*