アンダーアーマーのスポーツマスクが40%OFF!商品ページはこちらから

スペシャライズド S-WORKS Toupe Carbon 穴あきサドル

自転車乗りの宿命といえばお尻問題。

ライド中何度も心折れそうになった人もいるはず。

私は尿道の痛みというか、それを通り越して痺れに悩まされていた。

そして興味がわく。

穴が空いていれば楽になるのではないかと。

そこで購入したのが、スペシャライズド S-WORKS Toupe Carbon サドルだ。

スペシャライズドはシューズも愛用し、かなりフィットしているので、細身な自分の体に合うメーカーなのではないかと勝手に思っている。

これはTeam Editionというカラー。スペシャライズドの文字が大きい。そして眩しいくらいのホワイトカラー。汚れは目立つ。サイズは143mm。

Toupeシリーズはフラットな座面になっており、前後のポジション移動が違和感なく行える。

一方、スペシャライズドのサドルラインナップにRominというシリーズがあり、消費者を多分に悩ませる。

Rominは座面がカーブを描いたカタチとなっており、骨盤にさらにフィットするようになっているらしい。しかし、ポジション調整が面倒そうなので、オールラウンド選手っぽいToupeを選択した。

真上から見てみる。

穴は大体中央部分のみ空いている。しかし巡行する上での常識的なポジションであれば尿道への圧迫はない。このサドルにして以降、尿道の痺れはなくなった。

Selle SMPのように先端までは穴は開いていないので、先端くらいに座る前乗りポジションでは穴の効果はない。前乗りポジションは非推奨。

問題の乗り心地であるが、意外と悪くない。

サドル座面はフルカーボンだ。構造としてはカーボンの上に布が貼ってあるだけのように見える。想像通り硬い。クッション性は無いかな。強く押すと少し沈む程度だ。

しかし乗ってみると意外とお尻は痛く無い。もちろんサドルに体重を全て預ける乗り方では拷問椅子になると思うが、ペダリング前提の乗り方であれば、食い込む感じや、坐骨の痛みは無い。カーボン製なので、多少は振動も吸収してくれる。

レールまでカーボンだ。スペシャライズドのFACTカーボン。カーボンの編み込みも美しく見て楽しめる。

このレッドの配色がまたかっこいい。Team Editionカラーの唯一の利点だ。

スペシャライズドといえばS−WORKS。高性能、高品質の証。

スペシャライズド製品はハマるとS−WORKS以外に選択肢がなくなる不思議なメーカーである。

↓穴あきサドルをアマゾンで検索!


↓おすすめ記事

ロードバイク関連記事も読む!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*