【実車詳細写真!】ハーレー ローライダーSTのフロントフェアリングの裏側やサドルバッグをじっくり見てみる!

ローライダーSTは2022年モデルの目玉です。東京モーターサイクルショーで希少な実車に触れることができましたのでそのかっこいい姿を写真に収めてきました。ローライダーSTの特徴はツーリングモデル以外ではかなり大型なフロントフェアリング、117キュービックインチのエンジン、サドルバッグ、長くなったリアサスペンションによるシート高アップが挙げられます。今回は写真でその様子を見ていきましょう。

フロントフェアリングをじっくり

正面から見るとこんな感じです。大きな丸目ヘッドライトです。

デザイン的にはストリートグライドとロードグライドを足して割った感じでしょうか。

3台STモデルが並んでいましたので、並べた写真がこちらです。並べると似ていないですね。

それぞれに個性があって、どれにも似ていないかっこいいデザインです。

ウインカーはフェアリングの下に取り付けられています。通常のローライダーSはハンドルについていました。

フェアリングの裏側を見る

フェアリングの外側はビビッドブラックで艶あり塗装でしたが、裏面はマットな質感となっております。

正面からだと目立ちませんでしたが、上部と左右に1つずつ空気を取り入れる3つの穴が開いていることがわかります。

整流効果をもたらすのでしょうか。

かなりフェアリングの面積が大きいので穴が空いている方が風の影響を抑えるのでしょう。

結構大きめの穴なので、身体へ走行風を全く当てない構造ではなさそうですね。

メーターハンドル周り

大きなフェアリングの割に極小のデジタルメーターです。

ストリートボブなどについているやつで、一番残念ポイントです。

これはないなとは思いますが、ハーレーはフィーリングを楽しむバイクですから走行時の細かい情報などいらないのでしょうね。

スピードメーターと燃料計が常に出ていて、回転数などの情報はハンドルのスイッチを押して切り替えます。

こちら左手側のスイッチです。

ウインカーの下にクルーズコントロールが付いています。

ツーリングモデルにあるようなトラクションコントロールのような機能は付いていません。他のソフテイルモデルと同様です。

右手側も特にいつもと変わらないスイッチ類です。

高額なモデルですが、グリップヒーターはオプションで、ブレーキやクラッチレバーの距離調整もできません。

2連メーター廃止

2022年のローライダーSとローライダーSTはローライダー伝統のスピードメーター、タコメーターが連なる2連メーターが廃止になったことが話題となりました。

個人的には2連メーターだからこそ「メカメカしさ」や「アナログ感」みたいな古き良きハーレー感みたいなところが残っていて、いい感じに思えていたので、廃止になったのはかなり残念に思いました。

しかし、実際に2020年モデルのローライダーSに試乗した時に一番驚いたのが2連メーターの見辛さでした。正面を見て運転すると上部のスピードメーターが視界ギリギリで、タコメーターは下を向かなければ見えないという状態です。

デザイン的には改悪ですが、運転のしやすさでは格段に向上したと思います。

117キュービックインチのエンジンとエアクリーナー

114キュービックインチから117キュービックインチになったのは大きなニュースとなりました。

これ以上必要はないのですが、もうこれしか進化のしようがないのがハーレーという世界観です。

トルクカムが入っているので通常のソフテイルよりも、よりチューニングしているかのようなパワーと音が出るようです。

そしてこのキノコというかヘビーブリーザータイプのエアクリーナーが特徴的です。

実物を見るととても大きくて太くて煙突のようです。

サドルバッグ

フェアリングとともに気になるポイントはサドルバッグではないでしょうか。

これはスポーツグライドのサドルバッグと同様の形式です。

ドッキングしている感じがあったので、取り外しができそうですね。

シート近くにある銀色のレバーを引くとロックが外れます。ちゃんと鍵穴もあるのでセキュリティーも大丈夫ですね。

開けるとこんな感じです。

油圧式になっていて、急に開くことはなく、じわっとゆっくりと開いていきます。

蓋との間にネットが張ってあるので荷物が隙間から溢れることはありませんので安心してください。

ゴールドのホイールが渋い

ゴールドのホイールは前回から共通ですが、キラキラしていない、くすんだゴールドが渋いんですよね。

ブレーキは2022年モデルも同様にダブルディスクの固定式4ピストンキャリパーです。

かなりごついブレーキが付いているのでいい感じに止まりますね。

かなり大きく感じます

ツーリングモデルは無理だけど、ソフテイルモデルはギリギリ扱えるという立ち位置ですが、大きさはフェアリングが装着されている分、ツーリングモデルぐらいのサイズ感に感じます。

実際はサイズは全長2365mmで重量は327kgなので、ツーリングモデルよりも40mmほど短く、40kgほど軽いですが存在感はツーリングモデル匹敵します

オーディオと豪華なメーターがないツーリングモデルですね。

次回はその足つきやまたがった時の感想をお伝えします。

皆さんの参考になれば幸いです。

次ページ:【またがりインプレ】ローライダーSTの身長別ポジション・足つきチェック!【高身長だとキノコが邪魔らしい】

買い替えを検討されている方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込みましたが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。でも無料なので一度査定してみるのはありです!

バイク王無料査定申し込みは簡単!電話査定に必要な個人情報は名前と電話番号だけ!

»ネットで簡単バイクオンライン査定はこちら!無料出張買取です!

相見積もりでさらに高く売りたい方におすすめなのが、「バイクワン」。

こちらはネットで車種を入力して自動査定ボタンを押すだけで大体の査定価格がその場で算出可能!知名度はそこまでないのですが比較的高値を叩き出します!
もちろん無料査定なのでとりあえず査定のみしてみる価値ありです。

»オートバイ超高価買取ならバイク買取専門店パイクワン

おすすめ関連記事

【ローライダーST】フェアリング内蔵オーディオの情報が明らかに!海外価格は?【Rockford Fosgate(ロックフォード・フォズゲート)社製】

【実車確認】ローライダーS 2022年モデルまたがりインプレ!【足つき・身長別ポジション・メーター変更の恩恵】

【Sとの価格差25万円】ハーレー ローライダーST 2022年モデルは破格プライス!【さらなるシート高アップ汗】

【比較】ハーレー ローライダーS 2022年モデルの違いはこの3点!価格も高い!【メーター移設・排気量・シート高】

【現車確認!】ハーレー ナイトスター 975 2022年モデル・スペック・価格をじっくり見てみる

【中古250万!】未来に残したい。現行スポーツスターの中古車価格が爆上がり!もはや本来の価値ではない件【フォーティーエイト、1200アイアン、883アイアン】

【2021年ハーレーを超えた】インディアン チーフ(Chief)は電子制御搭載でより安心で快適に!【エンジン造形が美しい】

【試乗インプレ!】ハーレー ローライダーS FXLRS 2020年モデル実際に乗ってみた!【トライアンフ乗り視点!】

【現車確認!】ローライダーS 2020年モデルにまたがってみた!足つき、ポジションチェック!

【噂】ハーレー ローライダーS 2022年モデルは2眼メーター廃止で革新的に進化を遂げる予定な件

【バイク王で180万!】ハーレーFLHXS買取相場金額!ローン残あり・立ちゴケ傷ありのストリートグライドスペシャルはこのぐらいで売れた!【後悔・そして世間の嘘を暴露!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*