暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【エンジン造形がダサい2気筒Z900RS】カワサキZ650RSの日本発売が発表!【カラーは3色か・シート高・馬力】

各社の予想が当たりました。カラーまでです。カワサキから「Z650RS」が発表になりました。第一印象はコストカット。ストファイのZ650のエンジンをそのまま載せているのでZ900RSのようなエンジンフィンの造形がなくダサいです。

エンジン形式は予想通りの2気筒エンジン搭載モデルとなりました。

そこは期待を裏切って欲しいところではありましたが、そこは現代的な思考のもので開発されたのでしょう。

カラーは3種類か

カワサキのヨーロッパサイトでは2種類のカラーの写真が発表されています。

グリーンとシルバーでしょうか。

さらにブラックも登場です。

詳細発表に期待しましょう。

シート高

ヨーロッパ仕様では820mmとなっています。

オプションで800mmとなるローシートが用意されているようです。

乗りやすいとは言い難いですね。

Z900RSは800mmなので、780mmくらいにしてくれればよかったのですが。。。

エンジン性能

Z650やNinja650と同様の649ccエンジン。

68馬力

Z650RS特別のチューンがされているということで、低中速域を重視した設計になっているとのことです。

エンジンはZ650のものが見た目そのままって感じで格好はあまり良くないです。

グレードダウン箇所

やはり気になるのはZ900RSと比べてどの辺がコストカットされているところだと思います。

Z900RSはその仕上げも評価が高いバイクでした。しかし、Z650RSは低価格に設定され、より幅広いターゲットを設定しているはずです。

倒立フォークじゃない

Z650RSは残念ながら倒立フォークではありません。250ccでも倒立フォークを採用しているモデルがあるぐらいなのでここは頑張って欲しかったのですが、正立フォークとなりました。

Z650と見た目が同じです。

冷却フィンのないエンジンデザイン

Z650RSで一番残念だったのはエンジンデザインです。

Z900RSは昔の空冷エンジンを連想させる冷却フィンがデザイン上の演出ですが付いていました。

しかし、650は何もありません。Z650のエンジンをそのまま持ってきた関係で、上の写真のように上の方に箱が見えます。

すごいダサいです。

もっとこだわりを見せて欲しかったなと思いました。

日本発売は2022年春

カワサキ日本語ページでもZ650RS日本国内モデルの発売が発表されました。

発売日は2022年の春が予定されています。

最近Z900RS SEも発売が11月から来年春に延期が発表されたようにバイクの生産が追いつかないようです。

バイクはすでに発売しているモデルを予約注文するよりかは、新製品を予約して発売日に手に入れる方が、良て通りに入荷する印象がありますので欲しい人は今から予約するのが手ですね。

皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

【追記!日本発売決定!】カワサキZ900RS SE イエローボールが発表!予約状況は?【オーリンズ・ブレンボ搭載】

【RSだけじゃない】Z900にSEモデルが登場【日本発売決定】

【塗り済あり】Z900RSおすすめ社外ウインドスクリーン・ビキニカウルランキング!

【防御力比較】Z900RS おすすめエンジンガードランキング!【傷つく場所から考えよう!】編も読む!

【国産大型リッター空冷の終了か】CB1100RS ファイナルエディションが台湾で先行発表されCB1100中古価格も上昇か?【カラーはマットブルーとレッド】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*