もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

【購入レビュー】拭くだけ!メガネ曇り止めクロスは本当でした!【使い方のコツ】

アマゾンで「メガネ くもり止めクロス 約600回繰り返し使える 曇り止め 拭くだけで 曇らない メガネ拭き マイクロファイバー素材」という商品を買ってみたらびっくり!本当に曇らなかったのでこの感動をお伝えします。

マスクが日常で当たり前になった昨今、拭くだけで簡単に曇り止めできます。

これまでは曇り止め用の「液体の薬剤」を使用し、メガネ、さらにはバイクのシールドの曇り止めとしてかなり役に立っていました。

↓タナックス(TANAX) PITGEAR PG-235 スーパーくもり止め 30ml PG-235

ですが日常使いするメガネ。液体だと拭くためのティッシュや布がないと面倒。そんな方に拭くだけ「曇り止めクロス」はおすすめです。

パッケージ!

メーカー名は「Petasonien」という会社。知りませんがいいです。

曇らなければ。

パッケージはジッパー付きなので、こちらのパッケージを保存袋として使用できます。

開封!

中身はクロス本体のみで説明書等の冊子は入っていません。

表面は特に薬品で濡れていたり、湿っていたりはしません。

少し凹凸のあるザラザラした表面素材です。薬品が付いているといえばそんな気がするぐらいですね。

使用方法

裏面に使用方法が書かれています。

1.使用前にメガネを水洗いし、レンズの汚れを落とし、水分をよく拭き取る。

2.レンズに「はぁ〜」と息を吹きかけます。

3.クロスでレンズの両面を5〜10回程度均一に拭き上げる。

4.クロス本体は乾燥防止のため専用袋に入れて保管する。

※注意 拭いた後のレンズに水を触れさせないでください。

使い方のコツ!

使用方法にも書かれていますが、

魔法ではありませんので、1回ササッと拭いただけでは効果はあまり見られません!

コツは、何度か吹いたら息を吹きかけてみて、ダメならまた拭いてみる。

つまり、曇らなくなるまでクロスで拭く!

という気持ちが大事です。

こちらが効果!

向かって左が、曇り止めクロスなし、右がクロスで吹き上げた方です。

この曇り具合の差でその効果はお分かりかと思います。

メガネのマスク曇りは冬だけではありません。一年中必要です。

液体の曇り止め」よりもはるかに簡単な「曇り止めクロス」。

メガネのマスク曇りでお困りの方!一刻も早く買いましょう。

皆さんの参考になれば幸いです。

↓商品詳細はこちらをチェック!

↓薬剤タイプはこちらがおすすめ!

↓おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*