アンダーアーマーのスポーツマスクが40%OFF!商品ページはこちらから

【運動不足で心配な方へ】「長息パイプ」で誤嚥性肺炎・肺活量低下予防!【介護おすすめグッズ】

すっかり「外出自粛」も定着し、一日中パソコンやテレビの前。体力が落ちていると感じている方は多いと思う。

いつもの階段がきつい。はあはあ息が上がる。なんて方も多いのではないだろうか。

ここまで、テレワークや外出自粛をしていると、通勤通学の役割は「運動」と言う面においては重要であったことに気づく。

特にお年寄りは運動不足になると、呼吸器にも色々な影響を及ぼすと言われている。

それを予防してくれる器具が発売されているというので紹介しよう。

長息パイプ

その名の通りバイプだ。

でもこの長息パイプは吸うのではなく、吐く。

使い方は簡単。

長息パイプの先端のカゴ上のところに軽いボールを入れ、息を吐くことでそのボールを浮かせる。

それだけだ。

外を出歩かなくてもテレビを見ながらできる。

↓こちらから商品詳細をチェック!


期待される効果

・肺活量アップ

・腹筋力アップ

・誤嚥(ごえん)予防

高齢になると衰えてくる、肺活量、息を吸って吐く腹筋力。

そして恐いのが高齢者が謝って食べ物を気管に入れてしまう「誤嚥(ごえん)」予防。


「誤嚥(ごえん)」とは?

「食べ物や異物」を「気管」に入れてしまうことである。

「誤飲」という言葉もあるがこちらは「飲み物」を誤って「気管」に入れてしまうことをいう。


「誤嚥性肺炎」とは?

 誤って気管に入ってしまった食べ物や異物の細菌が、肺の中で増殖し肺炎を引き起こす病気。

時に自分の胃液が逆流して気管に入り、その胃酸や細菌で炎症を引き起こしてしまうこともある。

2020年4月に有名な俳優さんがこの「誤嚥性肺炎」で亡くなった。

とても恐い病気である。

運動不足による「肺活量の低下予防」という面もあるが、このような恐い病気も予防できるかもしれないのがこの「長息パイプ」という商品なのである。

若いうちは、自然と自分の呼吸器の「弁の力」に守られていて実感がわかないが、「呼吸器トレーニング」はその衰えを鍛えてくれる。

呼吸器という「見えない筋力」なので疎かにしてしまいがちだが、年を重ねるごとに鍛える必要があるだろう。

みなさんの参考になれば幸いである。

↓肺活量から元気な体作り。気になったらすぐに始めましょう!こちらから商品詳細をチェック!

↓類似「呼吸器トレーニング」商品はこちら

↓おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*