もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

生きる。美しい写真と言葉。『メメント・モリ』藤原新也著

クリックするとAmazon商品ページに飛びます

分類からすると写真集の部類なのかもしれない。

なので簡単に出会わなかったのだろう。

実は1983年に世に出た本だというのだ。すごいベストセラー。

死と生の本質を感じることができる。

死を感じることで、死を意識することで、

初めて生きていること、生きていることの尊さを実感することができるのだ。

生きていることは当たり前で、日本に生きている限り、何となくでも生きていける。

この本は美しい写真と言葉たちで前半は死を、後半は生を味わえる。

小説ではなく、短い言葉が写真とともに生き生きと輝いている。



生きていると死とはなかなか出会えない。

この本は写真でも死と出会える。

世界を旅すれば、生きることに対して、死ぬことに対して何か感じることができるのだろうか。

旅をしなくては。

備忘録として私の心に刺さった言葉を引用させて頂きたい。

「極楽とは 苦と苦の間に 一瞬垣間見えるもの」

今の私にはこれだが、未来の私はこの本から何を感じることができるだろう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*