⚠️記事内に広告を含みます

【購入】Baboon ギター乾燥剤はギターケースにピッタリでオススメ!

Baboon「ギター専用 THE 湿度調整剤」を購入しました。

これから夏を迎えるということで、ギターにとって湿度は大敵。

適切な湿度というのは50〜60%程度と言われていますが、日本の夏は湿度が70%以上にすぐなってしまいます。

常にエアコンをつける環境ではありませんので、ギターケース内はせめてちょっとは湿度が下がって欲しいところ。

そんな時にAmazonで見つけたのがBaboon ギター専用 THE 湿度調整剤です。

ギターケースにキチンと収まるのか、どう使うのか気になる方もいらっしゃるかと思いますので、購入、開封レビューをしていきたいと思います。

ギターを湿度の高いところに置いておくとどうなる?

湿度の高いところにギターを保管する場合はどうなってしまうのでしょうか。考えられるギターへの影響は以下の通りです。

ネックの反り

湿度が高いと、ギターの木材が水分を吸収して膨張します。特に、ネックは薄くて繊細なため、反りやすくなります。ネックが反ると、弦高が上がり、ビビリや音詰まりなどの原因になります。ひどい場合は、トラスロッドで調整しても治らないこともあります。

ボディの変形

ボディもまた、湿度によって膨張したり収縮したりします。場合によっては、ボディが歪んだり、割れたりすることもあります。

カビの発生

湿度が高い環境は、カビにとって最適な環境です。ギターにカビが生えると、外観だけでなく、音質にも悪影響を及ぼします。また、カビを吸い込むと、健康被害を引き起こす可能性もあります。

金属パーツの錆

弦、フレット、ペグなどの金属パーツは、湿度が高いと錆びやすくなります。錆びたパーツは、音質を劣化させ、交換が必要になることもあります。

以上の悪影響が考えられますので、なるべくギターは湿度の低いところで保管したいところです。

ギター除湿剤開封

Baboon「ギター専用 THE 湿度調整剤」は1個入りです。

大きすぎず、小さすぎずな除湿剤です。

容量は70グラムで、約1年効果が持続します。

湿度調整剤というだけあって、湿度が高い場合は湿度を吸ってくれますが、逆に湿度が低い場合は湿度を放出してくれて、ギターに最適な湿度50〜60%を保ってくれるとのことです。

冬は必要ないかと思いきや、湿度が低すぎると、木材にヒビが入ったりしますので湿度のなさすぎにも注意です。

ギターケースにすっぽり入る

私はギブソンのレスポールを所有しているのですが、ギターケースにすっぽりと収まります。

まず、ネックの根本付近の窪みに、ちょうど狙ったかのような入れるスペースがあります。

また、ネックの根元にも入れられるちょうど良いスペースがあります。

この湿度調整剤はサイズ感は計算されたようにギターケースにピッタリです。

効果は分からないのがいい感じ

正直、まだ懸念されるネックの反りはありません。

正直、このギター調整剤があるから正常に保たれているのか、それとも無くても別に関係ないのか、それも分かりません。

でもその分からない感じ、何も事故が起きていない感じが良いのです。

あるのは安心感。それで十分なのです。

この商品はAmazonで1000円程度で購入できます。

1年効果が持続するというので、1年に一回買い換えれば良いと思います。見た感じでは劣化しているのかどうかは分かりません。

あることの安心感を噛み締めましょう。愛すべきギターに何も起きないことを祈りながら。

皆様の参考になれば幸いです。

↓気になったらこちらからAmazon詳細ページへ

おすすめ関連記事

【至極のエイジング】Murphy Lab 1957 Les Paul Custom Ultra Light Aged(2024)を購入レビュー!

【購入レビュー】Vemuram Myriad:ギタリストも唸る、多彩なファズサウンドを生み出す魔法のペダルを詳細写真でチェック!

【プロ絶賛!】VEMURAM Jan Ray購入レビュー:極上のオーバードライブサウンドを手に入れる

【購入!】CRAFTROS Trident レビュー:幅広いゲインレンジと豊かな倍音で表現力無限大!限定のGOLDカラー!

【購入レビュー】チューブスクリーマーミニはブースターとしても使える万能エフェクター!

【購入レビュー】Ibanez BIGMINI ペダルチューナー:スイッチは硬いがコンパクトで高速・高精度なチューニングが可能

VOX ギターアンプ Pathfinder 10 購入・操作レビュー【老舗メーカー!?初心者が上手くなりたいならこれ!】