【黒×赤×金が渋い2023年モデル】Z900RSとZ900RS CAFEのニューカラーが発売決定!

毎年もうモデルチェンジするのではないかと期待するZ900RSですが、2023年モデルはカラーチェンジで継続販売することが海外で発表されました。Z900RSは火の玉カラーが復活するなど、毎年Z1、Z2時代の懐古的なカラーリングをリリースしてきていますが、今回2023年モデルは昔に発売されていた「スペクター」カラーが復刻です。日本発売の発表はまだありませんが、毎年必ず後ほど日本発売が発表されているので発売されることは濃厚です。

今回はZ900RSとZ900RS CAFEの両方で発表された新色の「メタリックディアブロブラック」を見ていきましょう。

Z900RS 「メタリックディアブロブラック×メタリックインペリアルレッド」

夕日と郊外の寂れたガソリンスタンドが似合うカラーですね。

気分転換のツーリングに最適なモデルだと思います。

2023年モデルは特に性能面でのマイナーチェンジはなく、カラーリングのみの変更のようです。全然買えないと話題のモデルですので買えないままカラーチェンジを迎える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

遠目から見ると「火の玉カラー」にも見えなくはないですが、ブラックを渋めの赤が映えるモデルとなっています。

インペリアルレッドは墓石にも使われる赤御影石の色で、別名インド赤とも呼ばれているそうです。

黒地に赤そしてゴールドのラインと超カッコいいですね!

メーター周りのデザインはそのままでしょうか。

Z900RS CAFE「メタリックディアブロブラック」

私の中の大本命。CAFEでございます。

黒地にゴールドラインというシンプルで最高にかっこいい組み合わせです。

ハーレーで言うところのローライダーSとか、トライアンフのストリートトリプルとか、ゴールドラインは最近流行りの色の組み合わせですね。

タンクに伸びるゴールドラインは太くてかっこいいです。

このビキニカウルはかっこいいですね。

ノーマルのZ900RSと比較すると、ハンドルがブラックになっているのが特徴です。

日本での発売が待ち遠しい

2気筒バイクを所有していると4気筒への憧れはあります。

私的には一度は所有したいモデルとして、Z900RSは毎回候補に上がるモデルです。

Z900RSのカラーにはハズレがないな〜といつも感心しています。

最新のスポーツモデルも良いですが、まだ電子制御スロットルになっていないこのモデルにも魅力がまだまだ詰まっていますね。

皆さんの参考になれば幸いです。

バイクの乗換を検討されている方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込みましたが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。でも無料なので一度査定してみるのはありです!

バイク王無料査定申し込みは簡単!

»ネットで簡単バイクオンライン査定はこちら!無料出張買取です!

相見積もりするなら以下の大手4社がオススメ!

おすすめ関連記事

【現車確認】限定車一気見!Z900RS・Z650RS火の玉カラー・Z900 50周年限定カラーを観察する!【Z650RSスタンダードの足つき】

【早っ!インプレ動画まとめ】カワサキ Z650RS試乗インプレ動画が海外で続々登場!

【エンジン造形がダサい2気筒Z900RS】カワサキZ650RSの日本発売が発表!【カラーは3色か・シート高・馬力】

【追記!日本発売決定!】カワサキZ900RS SE イエローボールが発表!予約状況は?【オーリンズ・ブレンボ搭載】

【RSだけじゃない】Z900にSEモデルが登場【日本発売決定】

【塗り済あり】Z900RSおすすめ社外ウインドスクリーン・ビキニカウルランキング!

【防御力比較】Z900RS おすすめエンジンガードランキング!【傷つく場所から考えよう!】編も読む!

【現車確認】スズキ カタナ2022年モデルはマットブルーがかっこいい!【シルバーはホイールの色に注目】

【国産大型リッター空冷の終了か】CB1100RS ファイナルエディションが台湾で先行発表されCB1100中古価格も上昇か?【カラーはマットブルーとレッド】