【Pick Up記事】もうすぐ夏!バイク乗車時の涼感アイテムまとめはこちら!

【購入レビュー】アストロ 衣装ケースでダウンジャケット収納!3着が1着分に!【収納方法解説も!】

衣替えの時期、クローゼットでかさばるダウンジャケットをどのように収納していますか?

掃除機で空気を抜く「圧縮袋」はダウンを痛める危険性があるということで、別の方法をAmazonを探していたらアストロの衣装ケースにたどり着きました。

最近のダウンジャケットはデザインも長さも豊富で、不思議と何着も増えてしまいクローゼットを占領しています。

冬も終わりダウンを使わなくなったので、このアストロの衣装ケースを使って分厚いダウンをキュッと収納していきましょう。

今回はイマイチ説明書だけでは分からないダウン収納のやり方も解説していきます。

クローゼットの状況

ダウンがクローゼットを占領しています。

ダウンの幅だけでクローゼットの3分の1は占めているのではないかと思うぐらいです。

これを片付けていきます。

パッケージ開封

今回は短いダウンジャケット2着と、長いものを1着収納するために、2枚セットのものを購入しました。

説明書はペライチ。写真のイメージ図を参考にしながら収納してきます。

ちゃんと2枚入っていました。

不織布でなんだか頼りない感じがしますが、意外としっかりしているようです。

1枚を広げるとこんな感じです。

片面に透明なビニール部分があるので、中の物を確認できます。

端に伸びる紐は、ハンガーやもう片方の衣装ケースと連結するためのヒモになります。

収納方法

まずはファスナーを開けて、衣装ケースをガバッと開きます。

真ん中の白い部分は、ダウンを押さえつける帯になっていて、マジックテープで止まるようになっています。

帯を開いたら、ダウンを入れていきましょう。

ショート丈のフカフカダウン2着を入れていきます。

裏返しにして、袖を内側にした方がやりやすかったです。

ダウンを押さえつけて空気を抜きながら、中央の白帯で締め付けます。

もうここからはダウンとの戦いになります。

いかにダウンを押さえつけて、空気を抜きながら小さくしていってケースの中に収めるか、という戦いです。

中央の帯の他に、サイドを囲う用の白帯がありますので、こちらで脇を固めていきます。

外周のファスナーを閉めながら、じわじわと追い込んでやると効果的です。

最終的にはパンパンですが、あのかさばるダウン2着が収まりました。

最初はダウンが大きすぎて無理かも?と心配になりますが、なんとかなるものです。

長いダウンジャケットは1枚で1着目安

長いダウンも収納できます。

やり方は同じですが、ダウンの下の方を折って丈を短くする必要があります。

2着入れた時よりもパンパンさは抑えめですので、薄いダウンならもう一着いけたかもしれません。

クローゼット収納方法

2つある場合は連結して、ハンガーに吊るして収納すると効果的です。

注意点としては圧縮袋ではないので、あまり幅としては薄くなりません。

イメージとしては2着が1着分になるという感じです。つまり、ダウンの数が多ければ多いほど効果が出ます。

1着だけ入れてハンガーにかけてもあまり幅としては変わりませんので、1着の時は平置きすると効果的です。

Before After

このダウンで埋もれていたクローゼットが、、、

こんな感じになりました。

効果はあったような、あまりないようなですが、クローゼットに余裕が出たことは事実です。

ダウンにクローゼットが埋もれてしまっている方、あまり高価なものではありませんので是非一度試してみてはいかがでしょうか。

皆さんの参考になれば幸いです。

↓商品詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*