【現車確認】限定車一気見!Z900RS・Z650RS火の玉カラー・Z900 50周年限定カラーを観察する!【Z650RSスタンダードの足つき】

2022年のモーターサイクルショーでZ900RS・Z650RS・Z900 50周年限定カラーが並びました。この限定車はカラーのみで、SEモデルのようなオーリンズやブレンボのような豪華装備はありません。しかし、その美しいカラーは私たちの心を捉えて離しません。今回はもはや予約困難で、なかなかお目にかかれない限定車たちをじっくりと見ていきましょう。

Z900RS 50th Anniversary

やっぱりみなさんこれが欲しいんでしょ?と言わんばかりにかっこいいZ900RSの50周年記念モデルです。

ホイールが想像以上にゴールドでした。かなり目立ちます。

ブレーキはブレンボではありません。

火の玉カラーも2018年モデルまでとは違ったより高級感のあるカラーとなっています。

タンクの上部にも50周年記念のエンブレムがあるようですが、見えなかったです。

Z650RS 50th Anniversary

2022年4月28日が発売日なのでまだ日本では買えないZ650RSですが、50周年記念モデルも発表となっています。

モデル自体900と各部のデザインや仕様は違いますが、カラーの配色はZ900RSと同じです。

Z650RSの通常モデルもありましたが、火の玉カラーだと一気に格式が上がります。

ちなみにZ650RSはなかなかコンパクトで乗りやすそうでした。

シート高は800mmなので、Z900RSと同じです。しかし横幅は狭いはずなのでより足つきは良いと思います。

エンジンにはダミー空冷フィンはついておらず、スポーツモデルをネイキッドにただ流用した感じが出ています。

Z650RSもホイールはゴールドとなっており、一目で50周年記念モデルだとわかるデザインとなっています。

Z650RSの足回りはダブルディスクブレーキを装備していますが、ブレーキのグレードは落としていて、片押し2ポットキャリパーとなっております。

また、フロントサスペンションは倒立ではなく、正立フォークとなってり、特にフォークブーツもなく、むき出しになっているデザインとなっています。フォークブーツがあったらとてもいいなと思います。

サイドカバーなどに使われている、このブラウンの色が良いですね。

Z900 50th Anniversary

ネイキッドモデルのZ900の50周年記念モデルは火の玉カラーではなく目立つレッドで登場です。

この赤は「ファイアクラッカーレッド」と言うそうです。

このホイールを見て下さい。目立ちすぎます。

綺麗なレッドに染められています。

意外にもZ900は4気筒スポーツモデルながら片押し2ポットキャリパーなんですね。

レッドにゴールドの文字は最高にかっこいいです。

ゴールドの「Z」の文字に惚れ惚れします。

サイドに50th Anniversaryの文字がプリントしてあります。

文字もそうなのですが、この「SUGOMI」デザインがすごいです。

このえぐれたような曲線、立体感は度肝を抜くと思います。

正直デザイン的に好き嫌いがあると思うので、乗り手を選ぶデザインだと思います。

でも写真よりは現車の方が絶対にカッコいいと思わせる一台でした。

バイクの乗換を検討されている方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込みましたが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。でも無料なので一度査定してみるのはありです!

バイク王無料査定申し込みは簡単!

»ネットで簡単バイクオンライン査定はこちら!無料出張買取です!

相見積もりするなら以下の大手4社がオススメ!

おすすめ関連記事

【黒×赤×金が渋い2023年モデル】Z900RSとZ900RS CAFEのニューカラーが発売決定!Z900RSとZ900RS CAFEのかっこよすぎるニューカラーが発売決定!

【早っ!インプレ動画まとめ】カワサキ Z650RS試乗インプレ動画が海外で続々登場!

【エンジン造形がダサい2気筒Z900RS】カワサキZ650RSの日本発売が発表!【カラーは3色か・シート高・馬力】

【追記!日本発売決定!】カワサキZ900RS SE イエローボールが発表!予約状況は?【オーリンズ・ブレンボ搭載】

【RSだけじゃない】Z900にSEモデルが登場【日本発売決定】

【塗り済あり】Z900RSおすすめ社外ウインドスクリーン・ビキニカウルランキング!

【防御力比較】Z900RS おすすめエンジンガードランキング!【傷つく場所から考えよう!】編も読む!

【現車確認】スズキ カタナ2022年モデルはマットブルーがかっこいい!【シルバーはホイールの色に注目】

【国産大型リッター空冷の終了か】CB1100RS ファイナルエディションが台湾で先行発表されCB1100中古価格も上昇か?【カラーはマットブルーとレッド】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*