【ローライダーST】フェアリング内蔵オーディオの情報が明らかに!海外価格は?【Rockford Fosgate(ロックフォード・フォズゲート)社製】

ローライダーSTの発表動画でフェアリング内蔵オーディオがオプションで用意されることが発表となりました。その詳細はベールを脱がないまま数日が経ち、ハーレー公式サイトにもその情報は未だ出ていません。しかし、アメリカでは発売がされていて価格も出ていました。今回はそのような中でYouTube上に現れたローライダーSTの内臓オーディオについて見ていきましょう。

ローライダST内臓オーディオを動画で観る

System Overview: Low Rider ST Audio Solution | Harley-Davidson Audio® Powered by Rockford Fosgate® by Rockford Fosgate

Rockford Fosgate(ロックフォード・フォズゲート)という会社の製品

ロックフォード・フォズゲート(www.rockfordfosgate.com)は、2022年ローライダー ST向けに特別設計したオールインワンのオーディオソリューションを発表しました。

カーオーディオのOEM生産をしている会社のようです。

今回はハーレーダビッドソン純正パーツという立ち位置なのか、共同開発の商品で社外パーツということなのか立ち位置はよくわかりません。

スマホで操作

ローライダーSTは大きくてド派手なフェアリングを装備していますが、ストリートグライドやロードグライドのような液晶画面はありません。

これまでの車載オーディオは液晶画面で操作するイメージですが、ローライダーSTの場合はスマートフォンでBluetooth接続で操作することとなります。

Bluetooth接続後は、Harley-Davidson® Audio Appにより、素早いセットアップ、統合7バンドイコライザーによるチューニング調整、将来のファームウェア更新が可能です。また、このアプリでは、バイクの速度に応じて音量を自動調整するSmart Speed Controlを有効にすることもできます。

250Wのパワーアンプ

ローライダーST専用のこのオーディオシステムは、250Wのパワーアンプを搭載しています。

スピーカー構成

車載用エンクロージャーには、アンプと5.25インチのミッドレンジスピーカー2基、1インチのトゥイーター1基が搭載されています。

スピーカーが常にリスニングポジションに直接向けられるように、ライダーポジションがスピーカーの位置と角度の決め手となり、必要な場所に確実に音声が届くようになっています。

また、超高効率のネオジム磁石モーター構造を採用し、クラス最高のスピーカー出力と軽量化を実現しました。

価格は?

アメリカのハーレー公式オンラインサイトだと999,95ドルとなっています。

日本円で11万から12万円というところでしょうか。

ハーレージャパンは上乗せがすぎるので、15万円から下手したら20万円ぐらいは取ってきそうな気がします。

どうせならつけたいと思いますが、重量増加が気になるところですね。

↓音楽聴きたいならネックスピーカーで解決!

おすすめ関連記事

バイク乗りでも音楽が聴きたい!首にかけるおすすめネックスピーカー紹介

【実車詳細写真!】ハーレー ローライダーSTのフロントフェアリングの裏側やサドルバッグをじっくり見てみる!

【Sとの価格差25万円】ハーレー ローライダーST 2022年モデルは破格プライス!【さらなるシート高アップ汗】

【比較】ハーレー ローライダーS 2022年モデルの違いはこの3点!価格も高い!【メーター移設・排気量・シート高】

【中古250万!】未来に残したい。現行スポーツスターの中古車価格が爆上がり!もはや本来の価値ではない件【フォーティーエイト、1200アイアン、883アイアン】

【2021年ハーレーを超えた】インディアン チーフ(Chief)は電子制御搭載でより安心で快適に!【エンジン造形が美しい】

【試乗インプレ!】ハーレー ローライダーS FXLRS 2020年モデル実際に乗ってみた!【トライアンフ乗り視点!】

【現車確認!】ローライダーS 2020年モデルにまたがってみた!足つき、ポジションチェック!

【噂】ハーレー ローライダーS 2022年モデルは2眼メーター廃止で革新的に進化を遂げる予定な件

【バイク王で180万!】ハーレーFLHXS買取相場金額!ローン残あり・立ちゴケ傷ありのストリートグライドスペシャルはこのぐらいで売れた!【後悔・そして世間の嘘を暴露!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*