暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【ヤマハホンダの中間デザイン?】スズキ 「GSX-S1000GT」が発表!【Ninja1000SXやH2 SX SEより乗りやすそう】

スズキから「GSX-S1000GT」が発表されました。スポーツツアラーという感じですかね。昆虫デザインから卒業したスズキが放ったカッコイイ系のモデルですが、よく見ると顔に見覚えありませんか。

GSX-S1000GT Features & Benefits | Suzuki

今回はあれっと思ったことをお話ししたいなと思います。

顔はヤマハYZF-R1とCBR250RRの中間?

こちらが今回発表になったGSX-S1000GTのお顔です。

光る二つ目に、玉が二つ。これは。。。

ヤマハ YZF-R1の顔に配置が似ている。

R1のかっこよさが出てしまいました。

センターのラムエアダクトがなければ、より似ていた可能性ありますね。

あと、、、目の鋭さが、、、

CBR250RRに似ている?

似ていませんか。気のせいです。

バイクの開発・デザインは何年も前から始めていると言われていますから同じような配置にたまたまなってしまったということです。

逆に言えば他社メーカーもデザインで好きという方にはいいとこ取りでなかなか良いかもしれませんね。

ポジションが楽なのがポイント!

今回のGSX-S1000GTはツアラーとしての機能を追求しています。

その代表がよりアップライトなポジションです。

上の図のように「GSX-S1000F」よりもより身体が起きたポジションになるように設計されています。さらにグリップも23mm広くなって窮屈ではありません。

ロングツーリングがより快適になることでしょう。

Ninja1000SXやH2 SX SEと比較!車重・シート高は?

車重は226kgです。

同ジャンルのカワサキ Ninja1000SXは236kg・ H2 SX SEは車重が260kgあるのでかなり扱いやすいのではないでしょうか。

シート高は810mmです。

カワサキ Ninja1000SXやH2 SX SEはシート高が820mmなのでより低いシート高となります。

カラーリング3種類

メタリック トリトン ブルー

メタリック リフレクティブ ブルー

グラス スパーク ブラック

スズキブルー、深いブルー、ブラックの3色展開となります。

スズキが最近やり始めたグレーが出たらもっと良かったのになと思いました。

皆さんの参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*