もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

【乾燥肌BeforeAfter写真で改善を痛感!】ケアセラ APフェイス&ボディクリーム【3種類比較(乳液・クリーム・ベビー)】

↓以前に「ケアセラ(CareCera) ロート製薬 ケアセラ APフェイス&ボディ乳液」の紹介をした。

結論からいうと、これで私の乾燥肌は改善した。

私の腕と足の乾燥肌はひどく、常にボロボロ。年中バリバリ。

ある日、乾燥肌を改善する成分について調べ、たどり着いた「セラミド」。

この「セラミド」配合乳液をダメ元で使ってみた。

結果、潤ったのだ。

その凄さを写真に収めたので共有したい。ぜひ「ケアセラ」を使用してほしい。

汚い写真をお見せして申し訳ない。

ちなみに、塗ったのは一番左のスタンダードな乳液タイプだ。


使用前

「ケアセラ」塗布数時間後

靴下の左側のまくれ具合で、同日撮影であることがお分かりになるであろう。

自分でもびっくりした。肌の炎症が収まっている。

状況としては、何もクリームを塗らずに靴下を履いて外出。

帰宅し、ボロボロの足をみてびっくり、靴下をまくり急いで「ケアセラ」を塗る。

そのまま放置し、また外出なんかして帰宅。足をみてびっくり。

フケはおそらく外で歩いているうちに落ちてしまったのであろう。

見事に潤った肌が姿を現していた。


ケアセラ APフェイス&ボディクリームには3種類ある!

すっかり「ケアセラ」信者になってしまった私は3種類購入してみた。

正直、商品ページを見るだけではわからないので比べてみる。

まず箱の記載

正直、あまり違いがわからないが、ケアセラベビーが「ワセリン」を配合していてより、敏感肌な赤ちゃんの肌にも対応してる。

左から「乳液」「敏感肌用のベビー乳液」「クリーム」だ。

量は左と真ん中の大きい「ボトルタイプが200ml」で、右の「クリームが70g」。


違いは乳液・クリームの硬さ。

クリームの硬さが違うので、当然クリームの「伸びの違い」でもある。

1番柔らかいのは「緑の乳液」タイプ。
伸びがよく広範囲に塗ることができる。

2番目に柔らかいのはオレンジの「ケアセラベビー」だ。
ワセリンなどの保湿成分が乳液タイプに追加されているので、緑よりも伸びが悪いが油分があり、保湿力はありそう。

3番目は「クリームタイプ」だ。
シリーズ中最高濃度のセラミドを配合しているとのこと。一番粘度は高い。

3種類ともにフェイス&ボディー用なので体全体に使える。

結論:一番おすすめは「緑の乳液」タイプ!

最初は、「緑の乳液タイプ」でいいだろう。これが基準!

一番「伸び」がいいので、同じ量でも最も広範囲にぬれる。

オレンジのベビーも保湿力がより高いので冬真っ盛りの時期にいいと思う。

チューブタイプのクリームは、顔や局所的に、乾燥がひどい部分に塗るのに有効だ。

一度使ってみて、自分の用途に合ったタイプを選択するのが良い。

ガサガサ肌卒業したいならすぐに商品詳細をチェック!

冬は言うまでもないが、秋口9月から5月頃までは常に品薄状態が続いている。

↓在庫があるかこまめに確認しよう!

↓クリームタイプの効果観察記事はこちら

【1週間観察写真で納得!】ケアセラクリームで乾燥・消毒液の手荒れが修復!手荒れ・手湿疹・かゆみに効果大!【水仕事におすすめ!】

↓緑ボトルタイプのインプレ記事はこちら

【ボロボロ乾燥肌でかゆい!メンズにおすすめクリーム!】ケアセラ(CareCera) ロート製薬 ケアセラ APフェイス&ボディ乳液【購入経緯からインプレッション!】編も読む!

↓おすすめ関連記事

【1週間観察写真で分かる!】ケアセラクリームで乾燥・消毒液の手荒れが修復!手荒れ・手湿疹・かゆみに効果大!【水仕事におすすめ!】

【1L大容量!充電式加湿器】Bosiwo卓上加湿器は給水簡単で8時間バッテリー稼働でおすすめ【使用感レビュー!】編も読む!

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*