暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【レブル500(REBEL500)】2020年モデルが日本でついに発表!【S Editionは未発表!250との違いも解説!】

昨年末に海外ではすでに発表されていたレブル500。

↓おすすめ記事

【ローライダーS激似!】ホンダ レブル500 S EditionがEICMA2019で発表!

ついに日本での発売が発表となった!

発売日は?

2020年4月24日

価格は?

799,700円

となっている。

すでに発表となっているレブル250とはエンジンの排気量が異なるだけで車体は共通なので、2020年モデルのレブル250と進化した点は一緒である。

↓おすすめ記事

レブル250日本で正式発表!編も読む!


スタイリングはいい!

↑エンジンが471ccで直列2気筒エンジンとなるので、見た目は中身が詰まっていてかっこよく見える。

↑レブル250の単気筒エンジンはかなりスリムに見える。

もちろん250同様にライトは全てLEDでスリッパークラッチ、性能アップしたメーターもつく!


レブル250との性能差は?

サイズ感

レブル250と500は共通の車体なので共通だ。

全長:2,205mm

全幅:820mm

全高:1,090mm

軸距:1,490mm

シート高:690mm

重さはが20kg差!

レブル500:190kg

レブル250:170kg

燃費差は約リッター6〜7km!

レブル500

国土交通省届出値:40.2km/L

WMTCモード値:27.0km/L

レブル250

国土交通省届出値:46.5km/L

WMTCモード値:34.1km/L

タンク容量は両車とも11Lなので、高速を使えばレブル500でも航続距離は300km以上行けそうである。250は航続距離が400kmくらいでそうなので神レベルだが、500でも十分な燃費だ。


残念ながらS Editionは日本販売ならず!

一応「海外仕様車」というか、「カスタム一例」のような感じでカウル付きの車両写真が公式ホームページには掲載されているのだが、日本では「レブル500 S Editon」の販売はしないようだ。

あのクラブスタイルなカスタムが純正で楽しめる「S Editon」はレブル500こそ迫力が増してかっこいいと思うのだが、日本では大型に分類される500ccはあまり売れないだろうと判断したのであろう。

おそらく日本国内でレブル250はバカ売れしても、国内でのレブル500の売り上げ予想はそこそこで、この癖の強いカスタムを販売するのも勇気がなかったのであろう。そもそも大型免許持っている人は想像以上に限られている。

私は大型免許持っているので、2台目候補としてかなり欲しいのだが。

↓一応オプションとしてカウルは設定があるが

S Editon標準のカウルは「マットブラック塗装」なので、日本発売のカラーリングとは合わないのであまりかっこいいとは言えない。とってつけた感は否めない。「グラファイトブラック」なら少しはマシかもしれないが。

ちなみにこのカウルのお値段は、16,500円(税込)だ。

意外とお手頃だ。

↓あとフロントフォークブーツもオプション設定がある

フロントカウルとフォークブーツを揃えればなんちゃってS Editonは出来上がるが、やっぱマットブラックでないという気持ちはある。

みなさんの参考になれば幸いである。

↓買い替え?なら愛車の価格は今いくら?無料簡単1分査定はこちらから!

↓レブルおすすめ記事

【実車動画も!】「レブル1100(CMX1100Rebel)」写真、スペックが公開!重いが足つきは良し!【3Lのラゲッジスペース?】

【えっ?250ccでS Edition出るの?】2020年モデル新型レブル250、レブル250 S Edition発表!

【HONDA詳細写真発表!】レブル250 2020年モデル レブル250 S Editionと共に発売日決定!

【響く音!】海外実車動画で見る「GB350(ハイネスCB350)」日本発売決定!足つき悪い!スペックと振動具合!

↓おすすめ関連記事

↓最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*