もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

【使用レビュー!】ロードバイクのホイールを「Bontrager Aeolus 3 D3 Tubular」+「シマノ WH-9000-C35-TU」に変更!だがしかし速くならず。

ファーストインプレッション

TREK Madon 6.5
前輪:Bontrager Aeolus 3 D3 Tubular
後輪:シマノ WH-9000-C35-TU

まずは後輪を「シマノ WH-9000-C35-TU」に変えました。

変えて早速、荒川のサイクリングロードを走りに行く。

確かに漕ぎ出しの軽さは認められました。

しかし、それ以上の感動はなく、全然速くならない。

最高速度も、巡航速度も上がらない。

ホイールは走りに大きく影響を与えるパーツではないのかもしれない、と疑問を感じる。

ならばと思い、前輪も変えてみた。

今は亡きワイズロード赤坂店を物色していたら、セールで「Bontrager Aeolus 3 D3 Tubular」前輪のみを発見。アウトレット価格で安い。ならばと思い即購入。

Bontrager Aeolus 3 D3 Tubularについて

まず乗った感想は、とても剛性感のあるホイールという印象。

堅い!全く変形してなさそうと素人でも感じるホイールです。

スーと転がっていくホイール。

ハブも「DT180」のものを使っているらしいのでその影響もありそうです。

そして空力性能。このホイール、リム高35mmながら50mmと同等の空力性能だとか。確かに荒川の向かい風で気持ち楽に走れる。気持ち。

そして横風に強い。これは感動レベル。

以前のRolfホイールはハイトが30mmくらいだがビルの隙間風に恐怖を覚えるくらいでした。しかし、このアイオロスは恐怖を感じるほどハンドルが取られることはありません。

それでも速くなった実感はなかった。

ホイール詳細写真

Bontrager Aeolus 3 D3 Tubular

Bontrager Aeolus 3 D3 Tubularはエアロホイールの名に恥じないほど太めのリム幅だ。

Bontrager Aeolus 3 D3 Tubular

ボリューム感がある。このふくよかな曲線はエアロ効果が高そうだ。

シマノ WH-9000-C35-TU

汚れは華麗にスルーしてほしい。シマノ WH-9000-C35-TUのリム幅は普通のアルミホイールよりは広いが、台形のような断面。見た目のエアロ感は少なめだ。

Bontrager Aeolus 3 D3 Tubular Bontrager Carbon Stop Brake Pad

ブレーキシューはアイオロス専用のコルクシュー「Bontrager Carbon Stop Brake Pad」を使用する。

ブレーキ効果は少なめ。

しかし、しっかり握ると意外と効きは悪くなく、スイスストップのような鳴き、振動は皆無。スムーズなブレーキのかかり具合です。

優しい素材なので、ホイールのブレーキ面の削れがあまりないのは素晴らしい。

↓おすすめ関連記事

【速くなりたいなら!】ホイールバランス調整こそが最高のカスタム編!も読む

ホイールを変えるとは①選定編も読む