【東京駅通り抜け】丸の内側から八重洲口へ行く方法!丸の内北口自由通路!

東京駅を丸の内側から八重洲口側へ通り抜けるには「丸の内北口」にある通路を通る必要があります。

丸の内北口とは、東京駅を正面に見て、「左側」の塔内にある改札のことです。

ちなみにKITTE近くにある右側の「丸の内南口」や中央の「中央口」には通り抜けるための通路がありませんので、必ず「北口」に行く必要があります。

南口には将来的に自由通路が通る計画があるとのことですが、現状ありません。

丸の内北口の風景

左側の塔の中に入っていきましょう。

「丸の内北口」という看板があります。

中は吹き抜けとなっておりレトロ感ある駅舎となっております。

写真中央に改札が見えますが、自由通路は改札の左側にあります。

通路は改札左側

大きく「八重洲側への自由通路」と書いてありますのでまず迷わないと思います。

ちなみにこの右側は改札ですが、左側には東京ステーションギャラリーという美術館があります。

通路にはトイレやコインロッカーも

通路に入っていくと、まずクラフトビールを出す飲食店が見え、少し進むとトイレがあります。

さらに奥の黒い通路を進むと、

コインロッカーも多く設置されておりますので、旅行で来た方には便利かと思います。

通路右側に八重洲口が

通路を進んでいくと、左手に駅ナカの商店街、右手にコンビニやみどりの窓口が見えてきて、さらに進むみ右に曲がって進んで行くと、八重洲北口がございます。

八重洲口を通り過ぎ左手には大丸デパートがあり、外はもう八重洲口です。

迷われている方の参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

【料金・写真解説】丸ビルTSUTAYAのシェアラウンジ・スタバ内観!自習スペースと考えればリーズナブルではないがバーと考えれば安い!

【新地下道で往来最速!詳細写真!】JR新宿駅 東西自由道路祝開通で新宿を縦横無尽に!【ビフォワーアフター写真で見る!JR西口と東口改札の概念が無くなった!】