もう冬ですね。寒くてもバイク乗りたい!おすすめの「冬の重ね着」紹介はこちら!

【必ず間違える!】ミニ電球G4口金とG6.35口金【大きさ比較してみる!】

前の記事でも書いたが、電球が切れて、

これを買おうとして、

間違えて一回り大きいやつを買ってしまった。

つまり、G4口金を買わなければならないのに、知識不足でG6.35口金の電球を買ってしまったのだ。

アマゾンで「差し込み 電球」を検索すると、なぜか「G6.35口金」が真っ先に出てくるので引っかかる。

違いは何か?

G4とG6.35の違いは2本飛び出た棒の間隔の長さだ。

・G4が4mm

・G6.35が6.35mm

間隔が空いている。

並べて見てみよう!

左がG4、右がG6.35である。

電極の棒の間隔が一回り大きい。

全く入らないので注意。

さらに右側はLEDタイプなのだが、大きさが半端ない。

購入するときは入るか、大きさも注意しなければならない。

最大で高さ1cmほど大きいのだ!

LEDだと電気代が10分の1くらいになるのだが、メリットがある一方、肥大化してしまうので取付場所を選ぶ。

↓間違って購入してしまったのがこちら

電極の間隔が何mmかまず測り、スペースに入るか測定してから購入するように心がけよう。

皆さんの参考になれば幸いである。

↓電気屋さんでもあまり見ないG4電球はアマゾンで!商品詳細ページはこちらから!

↓前の記事

【差し込み式電球!】キッチンに出現する小さくて薄っぺらい電球の正体【G4口金 2 ピンタイプ ミニハロゲン電球】編も読む!

↓おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*