アンダーアーマーのスポーツマスクが40%OFF!商品ページはこちらから

【kindleunlimitedおすすめ本】消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法【そのイライラ、嫉妬です】

クリックするとAmazon商品ページに移動します

月額980円で読み放題。一冊読めば元が取れる「アマゾンkindleunlimited」のおすすめ本を紹介したいと思う。

今回おすすめするのが、大嶋信頼著「消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法」だ。

そのイライラ、嫉妬という発作です。というのがこの本のテーマ。

友人、上司、部下、恋人などなど。どれも大切な人たちだ。

しかし、コミュニケーションを取っていると突然激しいイライラに襲われる。

他人が自分より良い境遇だと聞くとうらやましいとか、自分の好きな人が他の人に気持ちが向くのを恨んだり、憎んだりするのだ。

次第にこの気持ちが増幅し、攻撃的になり、せっかく築き上げた人間関係を破壊してしまいたい衝動に駆られるのだ。

ただちょっと待って欲しい。

まず、この気持ちに言葉を当てはめて考えてみよう。

この気持ちは何なのか。どこから来たのか。

本書ではこの気持ち、衝動を「嫉妬」と呼んでいる。

言葉を当てはめることで客観的に眺めることが重要だと本書では言っている。

この「嫉妬」はほとんどの人が日常的に感じ、また無意識に苦しんでいると思う。

いや、怒りに満ちて苦しんでいるという感覚ではないかもしれない。ただその気持ちをどこにどう吐き出すか、ぶつけるか。そんなことを考えてしまいがちである。

まずこの気持ちをなんとなくのイライラではなくて、嫉妬なんだ、そういう皆が抱えがちな気持ちなんだと受け入れることが大事になる。

この「嫉妬」は「動物的な発作」だから「コントロールできない」のだという。

この「発作」は人を「別人格」に変身させてしまうのだ。

本書ではイメージのしやすい「犬」を例にあげている。

普段は可愛く、大人しい犬であっても、他の犬が自分のエサを食べようとしたり、飼い主が他の犬を可愛がると吠る。

エサであったり、飼い主の「愛」が奪われるのが怖いのだ。

人間関係では嫁姑問題が似た事例だ。

この発作が出るのは夫が姑または嫁の擁護をした時。

嫁姑の立場からはそれぞれ夫の愛が相手によって奪われる、取り戻さなきゃという衝動がうまれ、意地悪をしたり、悪口を言ったりと破壊的な人格になっていくのだ。

この「愛する人が奪われる❗」という感覚がヤバいのだ。

しかし、残念なことに人間の本能に備わる「動物的な衝動」なので、頭では分かっていてもこの発作をとめることはできない。

この発作がどんどん逆効果となり、「面倒臭い」と相手はどんどんと離れていく。

本書ではビビっとくる「嫉妬の発作」をどう受け止め、自分を解放するかが書かれている良書だ。

これを乗り越えると「解放感」からの「自己肯定感の高まり」が感じられるという。

本書では「嫉妬しやすい事例とその乗り越え方」が載っているので、自分に当てはめてみると面白い。その気持ち分かる!分かる!の連続だ。

私もこの嫉妬という発作に悩まされてきた人間。

皆さんもこの本で読んでこのどこにも行き場のない気持ちを乗り越えて欲しい。

そして平和になってくれたら何よりである。

⇩月額980円で読み放題!気になったらkindleunlimitedで読んでみよう!

⇩本詳細ページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*