暑いですね!夏バイクを涼しくするアイテムランキングはこちら!

【日本2022年モデル発表】ZX-25Rのカラーチェンジが決定!そして衝撃の値上げ!【マットグレーがカッコイイ!】

2021年の7月にZX25R 2022年モデルの発表がありました。カラーチェンジのみで仕様変更はありません。結局日本仕様のSEモデルは2色展開(緑KRTとマットブラック)になることが決まりました。ノーマル仕様は引き続きブラックのみ販売されます。

日本仕様の発売日や価格も発表されたので紹介していきます!

インドネシア仕様との違い

6月に一足早く発表されたインドネシア仕様のSEモデルでは、緑KRT、マットブグレー、レッドという3色展開、ノーマルはブラックというカラーで世界を驚かせました。

しかし、このレッドの導入は日本では見送られたようです。

より売れるモデルに絞ったカラー展開と言えるでしょう。

2021年モデルまではブルーという鮮やかなモデルが海外モデルではあり、これがレッドに変わったのですが、このような特徴的なカラーは日本では売れないと判断したのでしょう。

KRTエディションは白赤面積が増える

KRTエディションはアンダーカウルのデザインが印象的です。

これまでよりも色が多くなり好き嫌いが分かれるカラーとなりました。

ZX-10Rと似たカラーとなるので、速そうなカラーではあります。

やはり注目はマットグレー!(SEモデル)

メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラック

2022年モデルのイチオシカラーといえばマットグレーでしょう!

メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラック

というカラー名でとても長いです。

こちらクイックシフターやスライダーなどのオプションが最初から付いている「SEモデル」となります。

前回の赤フレーム白黒モデルがこちらに変更となります。あれは謎すぎるカラーでしたね。

これは一番人気でしょう!

発売日・価格(値上げ実行)

発売予定日は2021年9月10日です。

2020年モデルが衝撃デビューしたちょうど一年後ですね!

価格はSEモデルで税込935,000円です。

2020年SEモデルは913,000円でしたので、22,000円の値上げです!

衝撃すぎます。

初期型は色々と不具合がありましたのでかなり改善はしたのでしょう。

カワサキさんも安すぎたと反省したのでしょうか。

まだ許容範囲の価格でしょう。

皆さんの参考になれば幸いです。

ZX25Rへ乗り替えを検討されている方へ

冷静に査定するなら数社相見積もりが賢い売り方

私はハーレー ストリートグライドを納車してローン残ありにもかかわらずすぐ売った経験があります。重すぎて正直すぐ手放しました。

正直、気が動転していて「ローン残あり」でもすぐ買い取ってくれる「バイク王」に飛び込みましたが、冷静に考えたら他社はもっと高く買ってくれたかもと後悔しています。でも無料なので一度査定してみるのはありです!

バイク王無料査定申し込みは簡単!電話査定に必要な個人情報は名前と電話番号だけ!

»ネットで簡単バイクオンライン査定はこちら!無料出張買取です!

相見積もりでさらに高く売りたい方におすすめなのが、「バイクワン」。

こちらはネットで車種を入力して自動査定ボタンを押すだけで大体の査定価格がその場で算出可能!知名度はそこまでないのですが比較的高値を叩き出します!
もちろん無料査定なのでとりあえず査定のみしてみる価値ありです。

»オートバイ超高価買取ならバイク買取専門店パイクワン

おすすめ関連記事

【リコール箇所、実は3点】ZX25Rリコールはカムチェーンテンショナーだけじゃない!【ECU書き換えで始動性改善、サイドスタンドも!】

【防御力比較】Z900RS おすすめエンジンガード探し!【傷つく場所から考えよう!】

【ZX-25Rは買いか?】納車動画から見る不具合・懸念点まとめ5選【カブり現象とその対処法・慣らしが修行問題など】

【秘密コマンド入力】ZX−25Rクイックシフターをオンにする方法!注意点!【KQS】

実質年率1.9% ZX-25R特別金利でお得に買える編も読む!

【ZX-25R】2021インドネシア仕様ニューカラーを見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*